バルスパー選手権

米国男子

通算80勝は目の前だ! タイガー・ウッズが優勝を視界に「難しいコースでこそゴルフが楽しい」

どこへ行っても大人気のウッズ バルスパー選手権(2018)(2日目) 写真・Getty Images
どこへ行っても大人気のウッズ バルスパー選手権(2018)(2日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

<バルスパー選手権 2日目◇9日◇インニスブルック・リゾート&GC(7,340ヤード・パー71)>

全盛期の強さは戻るのか。ツアー復帰4戦目のタイガー・ウッズ(米国)が、優勝を確実に視界にとらえる位置で決勝ラウンドに進む。

米国男子ツアーの「バルスパー選手権」2日目。4バーディ・1ボギーの「68」で回ったウッズ。スコアを3つ伸ばし、トータル4アンダーは首位と2打差の2位タイまで浮上した。「(リーダーボードの)上にいるね。週末に向けていい位置。今日はいい日だったよ」と、満足の笑みを見せた。

「このコースは本当に難しい。パーでいいと思えるコースでのプレーは嫌いではない。バーディを取れば一気にリーダーボードの上位にいける。そういうゴルフは楽しいし、好きなんだ」。圧倒的な強さで他をねじ伏せていた全盛期のイメージが強いが、真骨頂はタフなセッティングでの我慢のゴルフ。海外メジャー通算14勝がそれを物語る。

2週前の「ザ・ホンダクラシック」でも上位争いに絡み、今週も好調をキープ。「いくつかミスをしているだけ。少しずつ良くなってきているし、そこがなくなれば」と、ツアー通算80勝目に手応えもつかんだ。「朝は凍えていたよ(笑)」というほど冷え込んだ午前のラウンドでもスコアを伸ばした。体調面も問題なし。週末は、完全復活への序章となりそうな気配だ。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ