セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ

米国男子

2位に8打差でD・ジョンソンがV!松山英樹は4位T

後続に圧倒的な差をつけてDJが優勝! セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ(2018)(最終日) 写真・岩本芳弘
後続に圧倒的な差をつけてDJが優勝! セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ(2018)(最終日) 写真・岩本芳弘
<セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ 最終日◇7日◇プランテーションコース at カパルア>

ハワイのプランテーションコース at カパルアで行われている米国男子ツアー2018年初戦「セントリー・トーナメント・オブ・チャンピオンズ」最終日。全選手がこの日の競技を終え、世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米国)がツアー通算17勝目を決めた。

ジョンソンは最終日を1イーグル・7バーディ・1ボギーの“65”でラウンド。トータル24アンダーで2位に8打差をつけてシーズン初優勝を挙げた。

2位には世界ランク4位のジョン・ラーム(スペイン)が、首位と9打差3位にはブライアン・ハーマン(米国)がそれぞれ入った。松山英樹は首位と10打差で4位タイに終わった。

【最終結果】
1位:ダスティン・ジョンソン (-24)
2位:ジョン・ラーム (-16)
3位:ブライアン・ハーマン (-15)
4位T:松山英樹 (-14)
4位T:パット・ペレス (-14)
4位T:リッキー・ファウラー (-14)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ