セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ

米国男子

松山英樹は12位Tに後退、D・ジョンソンが優勝に王手

12位タイに後退した松山英樹 セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ(2018)(3日目) 写真・岩本芳弘
12位タイに後退した松山英樹 セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ(2018)(3日目) 写真・岩本芳弘
<セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ 3日目◇6日◇プランテーションコース at カパルア(7,452ヤード・パー73)>

ハワイにあるプランテーションコース at カパルアで行われている米国男子ツアー2018年初戦「セントリートーナメント・オブ・チャンピオンズ」3日目。

首位と4打差・トータル6アンダーからスタートした松山英樹は、4バーディ・3ボギー「72」とスコアを1つ伸ばすにとどまり、トータル7アンダー・12位タイに後退した。

2日間首位の位置につけていたマーク・レイシュマン(オーストラリア)に変わって、優勝に王手をかけたのはダスティン・ジョンソン(米国)。1イーグル・6バーディ・1ボギー「66」でトータル16アンダーまでスコアを伸ばしている。

3日目終了時の上位陣の順位は以下のとおり。
1位:ダスティン・ジョンソン (-16)
2位:ブライアン・ハーマン (-14)
3位:ジョン・ラーム (-12)
4位T:リッキー・ファウラー(-11)
4位T:ジェイソン・ダフナー(-11)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ