NEC軽井沢72ゴルフトーナメント

国内女子

黄アルムがコース記録タイ「63」で首位発進 比嘉真美子は2オーバー出遅れ

「63」をたたき出した黄アルムが単独首位発進 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2018)(初日) 写真・村上航
「63」をたたき出した黄アルムが単独首位発進 NEC軽井沢72ゴルフトーナメント(2018)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 黄 アルム -9 -9
2T 木戸 愛 -6 -6
2T 石川 明日香 -6 -6
2T 大山 志保 -6 -6
5T 宮田 成華 -5 -5
5T 小野 祐夢 -5 -5
5T 小祝 さくら -5 -5
5T 成田 美寿々 -5 -5
9T ジョン ジェウン -4 -4
9T 権藤 可恋 -4 -4
<NEC軽井沢72ゴルフトーナメント 初日◇10日◇軽井沢72ゴルフ北コース(6,655ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」初日の競技が終了し、今季2勝目を狙う黄アルム(韓国)が1イーグル・7バーディ・ノーボギー「63」をマーク。トーナメントコースレコードに並ぶビッグスコアで9アンダー・単独首位発進を決めている。

3打差2位タイに2006年大会覇者の大山志保、木戸愛、石川明日香。4打差5位タイに成田美寿々、小祝さくら、宮田成華、小野祐夢が続いた。

先週の「全英リコー女子オープン」で4位タイに入った昨年覇者・比嘉真美子は、2バーディ・4ボギーの「74」と振るわず。2オーバー・87位タイと大きく出遅れた。

先週の「北海道meijiカップ」から2週連続優勝がかかる福田真未は、2アンダー・27位タイスタート。先日のLPGA最終プロテストに合格し、今大会が国内ツアープロデビュー戦となる脇元華も同順位で初日を終えた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ