センチュリー21レディスゴルフトーナメント

国内女子

20歳アマK・ギルマンがツアー初出場・初優勝 6年ぶり史上2人目の快挙

4打差圧勝のK・ギルマン 史上2人目の快挙を達成した センチュリー21レディスゴルフトーナメント(2018)(最終日) 写真・米山聡明
4打差圧勝のK・ギルマン 史上2人目の快挙を達成した センチュリー21レディスゴルフトーナメント(2018)(最終日) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 @クリスティン・ギルマン -5 -17
2 木村 彩子 -4 -13
2 小祝 さくら E -13
4T 比嘉 真美子 -6 -12
4T カリス・デイビッドソン -2 -12
6 全 美貞 -2 -11
7T テレサ・ルー -4 -10
7T 上田 桃子 -3 -10
7T ユン・チェヨン +1 -10
10T 三ヶ島 かな -3 -9
<センチュリー21レディスゴルフトーナメント 最終日◇22日◇瀬田ゴルフコース 西コース(6,518ヤード・パー72)>

連日の炎天下で行われている国内女子ツアー「センチュリー21レディスゴルフトーナメント」最終日の競技が終了し、首位と1打差の2位から出た20歳のアマチュア、クリスティン・ギルマン(米国)が7バーディ・2ボギーの「67」をマーク。後続に4打差をつけるトータル17アンダーでツアー初出場・初優勝を果たした。

アマチュアの初出場・初優勝は2012年「サントリーレディス」でのキム・ヒョージュ(韓国)以来、6年ぶり史上2人目。現在アマチュア世界ランキング8位、2014年「全米女子アマ」チャンプがデビュー戦で快挙を成し遂げた。

単独首位から出たルーキー・小祝さくらは4バーディ・4ボギーの「72」と伸ばせず。トータル13アンダー・2位タイでツアー初優勝を逃した。地元・滋賀県出身の松田鈴英はこの日のベストスコアタイとなる「66」をマークし、トータル8アンダー・12位タイで大会を終えた。

首位と4打差の2位タイに小祝と木村彩子、5打差4位タイに比嘉真美子、カリス・デイビッドソン(オーストラリア)が入った。

4戦ぶりの出場となったキム・ハヌル(韓国)はトータル2アンダー・34位タイ。セクシー・クイーンことアン・シネ(韓国)はトータル2オーバー・55位タイだった。

【最終結果】
優勝:クリスティン・ギルマン(-17)
2位T:小祝さくら(-13)
2位T:木村彩子(-13)
4位T:比嘉真美子(-12)
4位T:カリス・デイビッドソン(-12)
6位:全美貞(-11)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・小祝さくらは3度目の正直ならず 「また優勝を目指してやっていく」
・3度目の惜敗も… 優勝争いで感じた小祝さくらの変化
・松田鈴英が地元・滋賀に恩返し ベストスコア賞獲得で「すごくうれしい」
・ユン・チェヨンは5番で痛恨… 池に消えた“リベンジ”と“大記録”
・次戦につながるバーディフィニッシュ 4試合ぶり出場のキム・ハヌルは「楽しかった」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ