センチュリー21レディスゴルフトーナメント

国内女子

「62」の小祝さくらが単独首位発進 松田鈴英は1アンダー30位

「62」をたたき出した小祝さくらが単独首位発進を決めた センチュリー21レディス (2018)(初日) 写真・佐々木啓
「62」をたたき出した小祝さくらが単独首位発進を決めた センチュリー21レディス (2018)(初日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 小祝 さくら -10 -10
2T @クリスティン・ギルマン -7 -7
2T 全 美貞 -7 -7
4T ユン・チェヨン -6 -6
4T カリス・デイビッドソン -6 -6
6 永峰 咲希 -5 -5
7T 黄 アルム -4 -4
7T サイ ペイイン -4 -4
9T 野澤 真央 -3 -3
9T フェービー・ヤオ -3 -3
<センチュリー21レディス 初日◇20日◇瀬田ゴルフコース 西コース(6,518ヤード・パー72)>

国内女子ツアー「センチュリー21レディス」初日の競技が終了し、ルーキーの小祝さくらがこの日8バーディ・1イーグル「62」をマーク。キム・ヒョージュ(韓国)が2012年に記録した18ホールの最小ストローク(パー72)へ1打と迫るビッグスコアで、10アンダー・単独首位発進を決めた。

幸先よく1番をバーディで滑り出した小祝は、前半だけで6つのバーディを奪取し流れをつかむ。すると後半10番パー5。残り193ヤードから4番UTで放った2打目は、ピンから約8mに2オン。このイーグルパットを沈めてムーブアップすると、その後も2つのバーディを奪ってフィニッシュし、後続に3打差をつけるロケットスタートとなった。

7アンダー・2位タイには2014年「全米女子アマ」覇者のクリスティン・ギルマン(米国)と全美貞(韓国)。6アンダー・4位タイには昨年大会2位のユン・チェヨン(韓国)、カリス・デイビッドソン(オーストラリア)が続いた。

地元・滋賀県出身のルーキー松田鈴英は、前半こそ苦しむも後半15番からの3連続バーディで挽回。1アンダー・30位タイで2日目を迎える。

約1ヶ月ぶりの出場となるキム・ハヌル(韓国)は、2アンダー・16位タイとまずまずのスタート。今季5戦目の“セクシー・クイーン”アン・シネ(韓国)は後半2アンダーと追い上げを見せ、1オーバー・58位タイで初日を終えている。

【初日の順位】
1位:小祝さくら(-10)
2位T:クリスティン・ギルマン(-7)
2位T:全美貞(-7)
4位T:ユン・チェヨン(-6)
4位T:カリス・デイビッドソン(-6)
5位:永峰咲希(-5)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・“予行練習”が生んだイーグルに厄払い ユン・チェヨンがリベンジへ好発進
・アン・シネは新スイングに手応えも…自分を見失い58位発進
・地元で見せた“姉妹愛” 松田鈴英は「姉のおかげです!」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ