ニチレイレディス

国内女子

鈴木愛、今季ツアー4勝目で獲得賞金9000万円突破!強い気持ちで日台韓のプレーオフを制す!

テレサ・ルー、申ジエと名手を退けて、今季4勝目を達成した鈴木愛 ニチレイレディス(2018)(最終日) 写真・上山敬太
テレサ・ルー、申ジエと名手を退けて、今季4勝目を達成した鈴木愛 ニチレイレディス(2018)(最終日) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 鈴木 愛 -4 -9
2T テレサ・ルー -5 -9
2T 申 ジエ -3 -9
4 松田 鈴英 -4 -8
5 李 知姫 E -7
6T 永井 花奈 -6 -6
6T 全 美貞 -4 -6
6T 大江 香織 -1 -6
9T 新垣 比菜 -3 -5
9T 比嘉 真美子 -3 -5
<ニチレイレディス 最終日◇17日◇袖ヶ浦カンツリークラブ・新袖コース (6,548ヤード・パー72)>

17番パー3を迎えたときは、首位につけていたテレサ・ルー(台湾)に対し、2打リードを奪われていた鈴木愛。「ピン狙いでバーディを取れればいいな」と思い、5番ユーティリティで打ったボールはピンそば1メートルに。これをしっかり沈めると、テレサが3パットのボギーを叩く。この時点で首位に並び、最終18番パー5ではともに2オンに成功したものの、イーグルパットを決めることができず、通算9アンダーでフィニッシュ。1組後の申ジエも9アンダーで上がり、日・台・韓によるプレーオフに突入した。

1ホール目で昨年の優勝者であるテレサが脱落し、2ホール目は一昨年まで大会3連覇を飾っていたジエとの一騎打ちとなる。

「ギャラリーは日本選手に勝ってほしいと思っているだろうし、私が負けたときに残念がる声は聞きたくない」と、自らを鼓舞した鈴木。しかし、彼女にとってプレーオフは過去1勝4敗と鬼門だった。負けたらどうしようという気持ちが先行していたからだが、今回は”負けても2位か3位なんだから思い切っていこう”とプラスに考えた。

それが功を奏したのか、2ホール目では緊張することなく、自分のプレーに集中でき、パーでホールアウト。ダブルボギーだったジエを下し、今季4勝目を飾ることができた。

「自分の実力からいって、年間3勝できればいいのに、こんなにハイペースで勝てるとは思ってもいませんでした。後半戦でもあと2勝ぐらいはしたいですね」

「ANAインスピレーション(76位)」出場後の「スタジオアリス女子オープン」、「全米女子オープン(予選落ち)」出場後の今大会と、メジャーでの苦い思い出を糧にして優勝を飾ってきた鈴木。次の海外メジャーは「全英リコー女子オープン」だが、今度こそ結果を残したい気持ちが強いという。そのために試行錯誤の毎日を送っているが、確実に手ごたえをつかんでいることも確かだ。

まずは、大会2連覇と2週連続優勝がかかる来週の「アース・モンダミンカップ」を制してツアー10勝目の節目を飾りたい。(文・山西英希)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・気がつけば優勝争いをしていた松田鈴英、”父に捧げる”単独4位
・永井花奈、今季6度目のTOP10…方向性重視のドライバーに戻して大正解
・新垣比菜、”鬼門の最終日”で初の60台「いいきっかけになれば」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ