宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント

国内女子

有村智恵は6年ぶりVならず 成田美寿々が死闘制し大会2勝目

大会アンバサダーの宮里藍(左)とトロフィーを掲げる成田美寿々 宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント(2018)(最終日) 写真・米山聡明
大会アンバサダーの宮里藍(左)とトロフィーを掲げる成田美寿々 宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント(2018)(最終日) 写真・米山聡明

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 成田 美寿々 -6 -16
2 有村 智恵 -5 -16
3T アン・ソンジュ -5 -15
3T 岩橋 里衣 -3 -15
5T 永井 花奈 -4 -14
5T 木戸 愛 -1 -14
7T 小祝 さくら -7 -13
7T 岡山 絵里 -4 -13
7T 比嘉 真美子 +1 -13
10T ユン・チェヨン -4 -12
<宮里藍 サントリーレディスオープンゴルフトーナメント 最終日◇10日◇六甲国際ゴルフ倶楽部(6,525ヤード・パー72)>

今年から宮里藍の名を冠にした国内女子ツアー「宮里藍 サントリーレディス」の最終日、有村智恵と成田美寿々のプレーオフは、4ホール目でバーディを奪った成田が今季初優勝。有村は6年ぶりの復活優勝にあと一歩届かなかった。

プレーオフは18番パー4の繰り返し。3ホール目までともにパーとして迎えた4ホール目。両者ティショットをフェアウェイに置き、成田の2打目はピン手前約1mにつけるナイスショット。対する有村はピンから約4mにつけるも、このバーディパットを決めきれずにパー。その後、成田がしびれる距離のバーディパットをしっかりと沈めてガッツポーズ。今季初優勝をつかんだ。

成田はツアー通算9勝目。アン・ソンジュ(韓国)以来史上2人目となる大会2勝目を手にした。有村は6年ぶりのツアー通算14勝目がかかっていたが、目前で涙を飲んだ。

1打差3位タイにソンジュと岩橋里衣。2打差4位タイに東北高校OGの木戸愛、永井花奈が入った。

【最終結果】
優勝:成田美寿々(-16)※プレーオフ
2位:有村智恵(-16)
3位T:アン・ソンジュ(-15)
3位T:岩橋里衣(-15)
5位T:木戸愛(-14)
5位T:永井花奈(-14)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・有村智恵が惜敗の中で見つけた、6年ぶりVへの手応えと課題
・「成長したね(笑)」宮里藍“アンバサダー”が語る成田美寿々の勝因
・2位からスタートも優勝に及ばず 木戸愛「また次戦でチャレンジしたい」
・小祝さくらが「65」の猛チャージで今季3度目のトップ10フィニッシュ
・史上6人目のアマ優勝は逃すも… 安田祐香「成長できた一週間」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ