ほけんの窓口レディース

国内女子

菊地絵理香のバーディ数増の裏に鈴木愛の金言 「打ってる音が悪い」

鈴木愛の金言からパットの精度が上がった菊地絵理香 ほけんの窓口レディース(2018)(2日目) 写真・鈴木祥
鈴木愛の金言からパットの精度が上がった菊地絵理香 ほけんの窓口レディース(2018)(2日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 鈴木 愛 -4 -8
2 菊地 絵理香 -5 -7
3T 比嘉 真美子 -4 -5
3T テレサ・ルー -3 -5
5T 原 江里菜 -2 -4
5T 上田 桃子 -1 -4
5T 勝 みなみ -3 -4
8T アン・ソンジュ -2 -3
8T 横峯 さくら -1 -3
8T 永峰 咲希 -1 -3
<ほけんの窓口レディース 2日目◇12日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,292ヤード・パー72)>

「ほけんの窓口レディース」2日目に、この日のベストスコアとなる「67」を出し、トータル7アンダーの2位に浮上した菊地絵理香。今季のスタッツで目を見張るのが、この日も5つ奪ったように、バーディ数が増えていること。平均バーディ数は、昨年の14位(3.2588)から2位(3.3704)と大きく飛躍している。

その理由はパッティングにあるようだ。「バーディ数は特に意識していませんが、今年はミドルパットが入っています。今はショートパットよりも5~6mのほうが入るイメージがあるくらい」。昨年の賞金女王である鈴木愛を見習って、「この距離を入れないと勝負にならない」と思いオフに重点的に練習した。

研鑽を積んだことに加えて、その鈴木自身からのアドバイスがさらにパットの精度を向上させた。「ヨコハマタイヤ PRGRレディス」の試合中に、鈴木にパッティングを見てもらうと「打っている音が悪い」とアドバイスをもらった。

「つまり芯に当たっていないということです。芯に当たらないといい音が出ないですから。それまではあまり意識していませんでしたが、それからは音をイメージして打つようにしています。言葉にすると難しいですが、芯を外すと薄くてかたい音がするんです」。平均パット数(パーオンホール)が昨年の15位から10位へと上がっているのは、精度が上がった証明である。

最終日は首位に立つ鈴木を1打差で追いかける。「正直イヤですね」というのが本音だが、「彼女は今、自信があると思います。そのプレーを間近で見て盗めるところは盗んで。私もできることをしていきたいと思います」と残りの18ホールを見据えた。(文・秋田義和)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「フラストレーション溜まる」 昨年覇者・鈴木愛は笑顔なき首位キープ
・約1年ぶり優勝争いの原江里菜 “パター改善”と“妹分の活躍”で上位に進出
・初の2週連続予選落ち… イ・ボミの考える今といい時との違い
・「ストレス溜まる」 アン・シネ、18番ダボでの予選落ちに珍しく苛立ち

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ