ほけんの窓口レディース

国内女子

「とても可愛い衣装でした」アン・シネが菊地絵理香をベストドレッサー賞に推薦

この日のウエアではベストドレッサー賞は狙えない? ほけんの窓口レディース(2018)(初日) 写真・鈴木祥
この日のウエアではベストドレッサー賞は狙えない? ほけんの窓口レディース(2018)(初日) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 鈴木 愛 -4 -4
2T サイ ペイイン -3 -3
2T 松田 鈴英 -3 -3
2T 上田 桃子 -3 -3
2T 申 ジエ -3 -3
2T フェービー・ヤオ -3 -3
7T 原 江里菜 -2 -2
7T 田村 亜矢 -2 -2
7T 金澤 志奈 -2 -2
7T テレサ・ルー -2 -2
<ほけんの窓口レディース 初日◇11日◇福岡カンツリー倶楽部 和白コース(6,292ヤード・パー72)>

「ほけんの窓口レディース」で今季日本ツアー2戦目を迎えたアン・シネ(韓国)。初日は1バーディ・1ボギーの「72」と静かなゴルフとなり、「1日マイルドな感じでしたね。上手くいったようで物足りない18ホールでした」と独特な表現で振り返った。

反省点は最終ホール。バーディパットを打つ瞬間、シネのホールアウトを撮影しようと集まったカメラマンのなかでわずかにだが、シャッター音が。だが、仕切りなおさず慌てて打ってしまい、これを決められず。「やり直すべきでしたね。残念でした」と悔しいホールアウトに唇を噛んだ。

"セクシークイーン"らしく、この日はノースリーブのウェアにショートパンツの出で立ちで登場。ギャラリー投票で決まるベストドレッサー賞(賞金20万円&6泊7日グアム旅行ペア)を狙ったものかと思われたが、意外な答えが返ってきた。

「今日は菊地絵理香さんと同じ組だったのですが、赤がとても似合っていました。とてもファッショナブルな選手だと思います。あれくらいならドレッサー賞を獲れると思うのですが、私はそこまでのファッションじゃありませんでした。キャラクターのようで、とても可愛かった。私は付いていくことができませんでした(笑)」

ちなみにシネの2日目のウェアはピンクの予定。「実は先日韓国で玉突き事故があったのですが、ピンクの車が私の車を防いでくれました。おかげで怪我は免れました。そういった意味でもピンクはラッキーカラーかなぁと」。首位とは4打差。鮮やかな色が運んでくる幸運も味方に、上位進出を狙う。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
名勝負の再現か 申ジエ&鈴木愛が共に上位発進
キム・ハヌルが背中痛で棄権「先週から痛かった」
大山志保、昨年9月以来の復帰に涙「私のゴルフはここで終わりじゃない」
三浦桃香、左手首痛は問題なし 上位浮上のカギはパッティング
上田桃子、“妹弟子”とのラウンドで貫禄のノーボギー

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ