フジサンケイレディスクラシック

国内女子

勝みなみ、永峰咲希、成田美寿々が6アンダーでトップ 昨年優勝の吉田弓美子も上々の滑り出し

勝みなみが6アンダーのトップタイで初日を終えた フジサンケイレディスクラシック(2018)(初日) 写真・上山敬太
勝みなみが6アンダーのトップタイで初日を終えた フジサンケイレディスクラシック(2018)(初日) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 永峰 咲希 -6 -6
1T 勝 みなみ -6 -6
1T 成田 美寿々 -6 -6
4 青木 瀬令奈 -5 -5
5T テレサ・ルー -4 -4
5T 上田 桃子 -4 -4
5T 権藤 可恋 -4 -4
5T 松森 杏佳 -4 -4
9T 下川めぐみ -3 -3
9T 葭葉 ルミ -3 -3
<フジサンケイレディスクラシック 初日◇20日◇川奈ホテルゴルフコース 富士コース(6,376ヤード・パー71)>

国内女子ツアー第8戦「フジサンケイレディスクラシック」が20日(金)に開幕。初日を終え、6アンダーで勝みなみ、永峰咲希、成田美寿々の3人が並んだ。6バーディ・ノーボギーの「65」をマークした勝みなみは、プロ転向後レギュラーツアーでは初となる首位でのホールアウトとなった。

1打差の単独4位は青木瀬令奈。以下、4アンダー・5位タイに松森杏佳、上田桃子、権藤可恋、テレサ・ルー(台湾)の4人が続く。

前年度優勝の吉田弓美子は、葭葉ルミ、笠りつ子らと並ぶ3アンダーの9位タイ。小祝さくらは2アンダー・14位タイとまずまずの滑り出しとなった。地元優勝を狙う渡邉彩香は2オーバー・63位タイと出遅れた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・三浦桃香に珍事発生!?「ボールがなかったのでビックリ」
・「当たる気しかしない」ショット好調・勝みなみの小さな気づき

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ