ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ

国内女子

3年前の惜敗再び… 女王・鈴木愛、執念の猛追も優勝ならず

鈴木愛は雪辱を果たせず… プレーオフで涙を飲んだ ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ(2018)(最終日) 写真・上山敬太
鈴木愛は雪辱を果たせず… プレーオフで涙を飲んだ ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ(2018)(最終日) 写真・上山敬太

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 アン・ソンジュ -4 -11
2 鈴木 愛 -7 -11
3 横峯 さくら -4 -9
4 申 ジエ -4 -8
5T 藤本 麻子 -5 -6
5T イ・ミニョン -4 -6
5T 成田 美寿々 -4 -6
8 笠 りつ子 -3 -5
9T カリス・デイビッドソン -3 -4
9T 勝 みなみ -3 -4
<ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ 最終日◇11日◇土佐カントリークラブ(6,228ヤード・パー72)>

今年もやはり…。そんな気持ちが表れたのか、トップに並んだアン・ソンジュ(韓国)とのプレーオフが決定した瞬間、鈴木愛の顔には苦笑いが浮かんだ。

ツアー記録更新となる同一大会7年連続のプレーオフ決着となった「ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップ」。首位と3打差の4アンダー・3位タイからでた昨年の賞金女王・鈴木は、前半で5バーディ・1ボギーとスコアを4つ伸ばす猛追を見せる。さらに、上がり3ホールで3連続バーディを奪取し、トータル11アンダーでホールアウト。トップに立っていたソンジュに追いつき、プレーオフに持ち込んだ。

鈴木が同大会でプレーオフに臨むのは、2015年以来2度目。李知姫(韓国)に敗れて涙をこぼした苦い記憶が思い起こされる中、18番で行われたプレーオフは1ホール目で決着を見た。「セカンドは129ヤード。(本戦の18番と)同じ感じだと思ったが、アゲインストに感じて打ち切れなかった」と約10メートルのバーディパットを残し、これを決められず。対してバーディを奪ったソンジュが勝利し、鈴木はまたもあと1歩のところで優勝を逃した。

「今日は、すごくナイスプレーだったので悔いはないです。やれることをやりました」と、1日で9バーディを奪った躍進に自身も納得の内容だった。一方、国内女子ツアーで挑んだプレーオフはこれで1勝4敗。「あと一押し、どこかで1打縮めないといけないですね。凡ミスをなくさないと優勝はできない」。課題は残ったが、賞金女王としての執念を見せつけた1日となった。(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・イ・ボミ、2度制覇した大会で少し前進「やっと20%」
・横峯さくらが4年ぶりトップ3入り!「久々の最終組、いい緊張感だった」
・“バーディ女王”の面目躍如!ホステス藤本麻子が後半「30」の猛追でトップ5入り
・永井花奈は「気持ちで負けた」悔しさにじむもビッグスターの応援で躍進!?
・東日本大震災から7年…福島出身の酒井美紀が3・11に寄せる思い

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ