スタジオアリス女子オープン

国内女子

藤田光里が初の最終日最終組を経験し、また一歩成長

初めての最終日最終組をすごく楽しく回れたという藤田光里 スタジオアリス女子オープン(2014)(最終日) 写真・佐々木啓
初めての最終日最終組をすごく楽しく回れたという藤田光里 スタジオアリス女子オープン(2014)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 リ エスド -2 -9
2 O.サタヤ +1 -8
3 酒井 美紀 -5 -6
4 服部 真夕 -6 -5
5T 笠 りつ子 -2 -4
5T 藤田 光里 +1 -4
7 金 ナリ -2 -3
8T アン ソンジュ -4 -2
8T 申 ジエ -6 -2
8T フェービー・ヤオ -2 -2
スタジオアリス女子オープン(4月11~13日、兵庫県・花屋敷GCよかわC、6376ヤード、パー72)

 今季初めて最終日、最終組を回った藤田光里が、通算4アンダーの5位タイで大会を終えた。

 優勝こそ手に届かなかったが

「初めての経験で、すごく楽しく回れました」

 とホッとした笑顔を見せた。

 最終日はO.サタヤとリ エスドの二人に突き放されたが、自分のプレーに徹した。2バーディ、3ボギーの1オーバーだったが、16番(パー5)、17番(パー4)の連続バーディは自身も納得いく内容だった。

「2番、13番でボギーが続いたあと、どうしてもパープレーにしたかったので、バーディは二つ欲しかったです」

 先週のヤマハレディスオープン葛城は17位タイ、そして今週は5位タイと“大物ルーキー”との代名詞にふさわしい結果を出してきた。

「今週は順位とかは関係なく、スコアとして最後まで諦めなかったことがよかったです」

 藤田は最終組の優勝の瞬間の光景を自分の目でしっかり見たことがなかった。今日はその瞬間が目の前で起こったことに新鮮だったという。

「次は自分の番かなとも思いますけれど、まだイメージがわかないというか…。でも本当にすごく楽しい経験ができました」

 連戦が続く中で試合に出場し続ける藤田だが、疲れを感じさせないプレーでギャラリーを魅了している。貴重な経験を手にして、来週も優勝争いを誓う。

文・キム ミョンウ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ