スタジオアリス女子オープン

国内女子

リ エスドが逆転でツアー初優勝! 

最終ホールのバーディでO.サタヤを突き放しツアー初優勝を決めたリ エスド スタジオアリス女子オープン(2014)(最終日) 写真・佐々木啓
最終ホールのバーディでO.サタヤを突き放しツアー初優勝を決めたリ エスド スタジオアリス女子オープン(2014)(最終日) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 リ エスド -2 -9
2 O.サタヤ +1 -8
3 酒井 美紀 -5 -6
4 服部 真夕 -6 -5
5T 笠 りつ子 -2 -4
5T 藤田 光里 +1 -4
7 金 ナリ -2 -3
8T アン ソンジュ -4 -2
8T 申 ジエ -6 -2
8T フェービー・ヤオ -2 -2
スタジオアリス女子オープン(4月11~13日、兵庫県・花屋敷GCよかわC、6376ヤード、パー72)

 大会最終日。最終組のリ エスドとO.サタヤのマッチレースとなり、最終18番のバーディでサタヤを突き放したリが、うれしい初優勝を手にした。

 前半二つスコアを伸ばしたリが、通算9アンダーでサタヤに並ぶと、サンデーバックナインは一進一退。10番のバーディでサタヤが一歩抜け出すと、13番のバーディでリが追いつく。サタヤが14番でボギーをたたき、今度はリがトップに。

 17番(パー4)でティショットをバンカーに入れたリがボギーをたたき、通算8アンダーで両者が並んで最終18番(パー4)へ。ともに2オンし、最後はパッティング勝負に。先に打ったサタヤが外し、見事にバーディパットを決めたリが、逆転でツアー初優勝を飾った。

 同じ最終組の藤田光里は2バーディ、3ボギーと最後まで優勝争いに加わることができず、スコアを一つ落として通算4アンダーの5位タイで、ツアー初優勝はお預けとなった。

 単独3位は首位に3打差の通算6アンダーとした酒井美紀。服部真夕がコースレコードタイの66で回り、通算5アンダーで単独4位。笠りつ子は70で回り、通算4アンダーで藤田とともに5位タイに入った。

主な選手のコメント

O.サタヤ(2位、通算8アンダー)
「今日ショットがよくなかったのでパーパットが多くなってしまいました。1番のパーパット、2番のバーディパットも手が震えていたし。昨日までと違って少しナーバスになっていたのかな。リエスドさんの最後のパットは素晴らしかったです。自分にできることは全部できたし、優勝争いも楽しかったです」

酒井美紀(3位、通算6アンダー)
「初日はグリーンが読み切れてなくて、スコアにならなかった。2日目、最終日はちょっと強気でいったらパターが入ってくれた感じです。パー5で私の飛距離でも2オンが狙えるホールがあるのは大きいです。ツアー3年目なので、自分で狙えるコースも分かってきたので、今年は狙っていきたいなと思います」

笠りつ子(5位タイ、通算4アンダー)
「今週もいい感じできているので、この流れで課題を反省して、また一からやっていきます。(連続ベスト5フィニッシュで迎える来週の地元の大会)そろそろ勝ちたいと思っています。まあ常にですけど、また頑張ります!」

堀琴音さん(35位タイ、通算5オーバー、ベストアマチュア賞)
「初めてベストアマチュア賞を取れてすごくうれしいです。(姉の堀奈津佳の存在は)一番身近なシード選手という感じ。前はケンカもしていましたが、今はないです。いい刺激になるし、勉強になります。今年の目標のプロテストトップ合格に向けて、まだまだ改善していってテストにピークを持っていけるようにします」

吉野茜(38位タイ、通算6オーバー)
「(初めてのホステスプロの大会を終えて)初日の緊張がだんだん取れてきたのに最終日に落としてしまってふがいないです。来週からはステップアップツアーですが、(今年3試合レギュラーツアーに出て)やっぱりレギュラーで試合をしたいので、ステップアップツアーで勝ってたくさんレギュラーツアーに出るようにしたいです」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ