スタジオアリス女子オープン

国内女子

昨年プロテスト合格の谷河枝里子が5位タイから逆転狙う!

“笑顔”のプレーで奇跡の逆転を狙う谷河枝里子 スタジオアリス女子オープン(2014)(2日目) 写真・佐々木啓
“笑顔”のプレーで奇跡の逆転を狙う谷河枝里子 スタジオアリス女子オープン(2014)(2日目) 写真・佐々木啓

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 O.サタヤ -4 -9
2 リ エスド -5 -7
3 藤田 光里 -3 -5
4 若林 舞衣子 -1 -3
5T 谷河 枝里子 -4 -2
5T 井上 希 -3 -2
5T 濱 美咲 -3 -2
5T 笠 りつ子 E -2
5T 全 美貞 +1 -2
10T 青木 瀬令奈 -4 -1
スタジオアリス女子オープン(4月11~13日、兵庫県・花屋敷GCよかわC、6376ヤード、パー72)

 昨年のプロテストに合格し、今季QTランキング53位の谷河枝里子が2アンダーの5位タイで最終日を迎える。

 初日は74の2オーバーだったが、2日目は1イーグル、4バーディ、2ボギーの68と好スコアをたたき出した。

 前半を2バーディ、2ボギーで折り返すと、後半は15番(パー3)のバーディのあと、16番(パー5)でイーグルを奪取。17番(パー4)もバーディとして一気にスコアを伸ばした。

「終盤の出来は自分でもビックリしました」

 今季は自身の初戦、Tポイントレディスでレギュラーツアーとしては初めて予選突破を決め、27位タイに入った。それが大きな自信になっているという。

「Tポイントで初めて予選を通過して、自分でもできるんだと思いました。すごく緊張もしているのですが、今週、申ジエさんと話す機会があって、『歳が一緒なんだね、じゃあ友達だね』って言ってくれて、世界ランキング1位になった選手なのに、こんなに気さくな人なんだと思って、すごく楽になりました(笑)」

 もう一つ、試合に挑むとき心がけていることがある。それは笑顔を絶やさないこと。

「昨日、ミスショットをしたときとか、すごく顔が暗くなっていることもあったので、なるべく口角を上げて笑顔でいるようにしています」

 ちなみに谷河の師匠は男子プロゴルファーの水巻善典なのだが、同じ鳴尾GC所属ということで、師弟関係になった。

「水巻さんからも『お前はニコニコしているのが取り柄なのだから、笑ってプレーしなさい』と言われています(笑)。自分ができることは決められているので、明日は目の前の一打に集中するだけです」

 トップのO・サタヤとは7打差もあるが、“笑顔”のプレーで奇跡の逆転を狙う。

文・キム ミョンウ

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ