ダンロップ・スリクソン福島オープン

国内男子

「68」の池田勇太が首位浮上 石川遼は5打差21位で決勝Rへ

トータル9アンダー・首位タイに立った池田勇太 ダンロップ・スリクソン福島オープン(2018)(2日目) 写真・鈴木祥
トータル9アンダー・首位タイに立った池田勇太 ダンロップ・スリクソン福島オープン(2018)(2日目) 写真・鈴木祥

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T 小林 正則 -1 -9
1T 池田 勇太 -4 -9
1T 山岡 成稔 -2 -9
4T 時松 隆光 -1 -7
4T 川上 優大 -1 -7
4T 高山 忠洋 -5 -7
4T 池村 寛世 -3 -7
8T アンジェロ・キュー -4 -6
8T 秋吉 翔太 -1 -6
8T 方 斗煥 -2 -6
<ダンロップ・スリクソン福島オープン 2日目◇22日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(6,961ヤード・パー72)>

国内男子ツアー「ダンロップ・スリクソン福島オープン」2日目の競技が終了し、7バーディ・3ボギーの「68」をマークした池田勇太がトータル9アンダーでフィニッシュ。小林正則、山岡成稔と並び、首位で決勝ラウンドにコマを進めている。

2打差4位タイに16年大会覇者の時松隆光、川上優大、高山忠洋、池村寛世の4人。3打差8位タイには「全米オープン」帰りの秋吉翔太ら7人が続いた。

今大会初出場の石川遼は、4バーディ・5ボギーとスコアを1つ落とすも、トータル4アンダー・21位タイでフィニッシュ。「関西オープン」以来、3戦ぶりの予選通過を果たしている。

2戦連続優勝がかかる市原弘大はトータル5アンダー・15位タイの好位置。今季レギュラーツアー初出場の伊澤利光はトータル3オーバー・96位タイで予選落ちを喫している。

【2日目の順位】
1位T:池田勇太(-9)
1位T:小林正則(-9)
1位T:山岡成稔(-9)
4位T:時松隆光(-7)
4位T:川上優大(-7)
4位T:高山忠洋(-7)
4位T:池村寛世(-7)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ