日本プロゴルフ選手権大会

国内男子

強い思いが導いた6年ぶりV 谷口徹がつかんだレギュラーツアーの舞台

祝福のウォーターシャワーを浴びる谷口徹 日本プロゴルフ選手権大会(2018)(最終日) 写真・村上航
祝福のウォーターシャワーを浴びる谷口徹 日本プロゴルフ選手権大会(2018)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 谷口 徹 -1 -6
2 藤本 佳則 E -6
3T ブレンダン・ジョーンズ -3 -5
3T マシュー・グリフィン -3 -5
3T 稲森 佑貴 -1 -5
6T 大槻 智春 -4 -4
6T 小鯛 竜也 -3 -4
6T ハン・スンス -3 -4
6T 宮里 優作 -2 -4
6T 阿久津 未来也 -2 -4
<日本プロゴルフ選手権大会 最終日◇13日◇房総カントリークラブ 房総ゴルフ場(7,324ヤード・パー72)>

「もうチャンスが来ないかと思っていた」。藤本佳則との激闘を制した谷口徹の口からこぼれた言葉に、これまでの苦難がにじんでいた。

トータル6アンダー・単独首位の藤本と1打差で迎えた最終18番。パーで終えた藤本に対し、谷口が5メートルのバーディパットを沈めて力強いガッツポーズ。降りしきる雨の中、勝負はプレーオフへともつれこんだ。

プレーオフ1ホール目はともにパーで終了。2ホール目で、谷口にピンチが訪れる。藤本がセカンドショットをフェアウェイに置いたのに対し、谷口はグリーン右手前のバンカーへ。状況は最悪。手前から転がって入ったボールは、バックスイングでふちに当たろうかという状況。ギリギリ、スタンスは取れたが、ここで一度抜いた52度のウェッジを58度に持ち替えた。「コロがり過ぎる気がした」と、42ヤードのバンカーショットをピン手前5メートルにつけた。このショットでプレッシャーをかけた谷口。対する藤本のバーディパットはカップをわずかにそれて入らずパー。「(勝負が)次にいったら、負ける可能性があると思った」と、谷口が渾身のバーディパットを沈めて悲願の勝利をつかみ取った。

優勝カップを再び手にするまで長かった。本大会で手にしたツアー20勝目は、2012年の「ブリヂストンオープン」以来、実に6年ぶり。「自分で自分のゴルフができなくてつまらない。今までいろいろなことを試してきたけど、結果が出ない、勝てない」。苦悩の時期を経験してきた。昨年大会では3日間単独首位に立つも、最終日に逆転を許して優勝を逃している。若手選手との体力の差を感じながらも、「休んでもうまくならない。優勝するために試合に来ている」。強い思いが勝利へと導いた。

16年は賞金ランク80位で第2シードすれすれ。昨年は賞金ランク32位に入って第1シードに返り咲いた。1997年から続いている賞金シードに加えて、本大会の優勝で5年シードも獲得。「出られる試合がまだまだある。自分に引導を渡すにはシード落ちが一番いいと思っていたけど」。一時は「やめよう」と考えたこともあったが、悲願の優勝とともにつかんだ、今後5年間を戦う舞台。今年で50歳と節目の年を迎えたが、大ベテランはまだまだレギュラーツアーで戦っていく。(文・谷口愛純)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・谷口徹の大会最年長V記録ってどれだけすごい?50歳以上のツアー優勝まとめ
・あと1ホール…、トップ快走の藤本佳則が屈したベテランの粘り
・攻めのゴルフも連覇ならず 宮里優作は「スイング調整」で全米オープンを目指す
・最終18番のパットに泣いた稲森佑貴 3位も「まったくうれしくない」
・石川遼のメジャー初戦は34位「傷を負ってばかりで癒やしのショットなし」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ