SMBCシンガポールオープン

国内男子

S・ガルシアが優勝! 小平智は2位、石川遼は16位で18年をスタート

ガルシアが後続に5打差の圧勝! SMBCシンガポールオープン(2018)(最終日) 写真・村上航
ガルシアが後続に5打差の圧勝! SMBCシンガポールオープン(2018)(最終日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 セルジオ・ガルシア -3 -14
2T 小平 智 E -9
2T ショーン・ノリス -1 -9
4T ジャズ・ジェーンワタナノンド E -8
4T D・ブーマ +2 -8
6 S・クロッカー -2 -7
6 C・デービス -1 -7
8T ミゲル・タブエナ -1 -6
8T G・グリーン E -6
8T L・ハーバート E -6
<SMBCシンガポールオープン 最終日◇21日◇セントーサゴルフクラブ セラポンコース(7,398ヤード・パー71)>

アジアと日本ツアーの共同主管で行われている国内男子ツアー開幕戦「SMBシンガポールオープン」の最終ラウンド。全選手が競技を終え、世界ランク10位のセルジオ・ガルシア(スペイン)がトータル14アンダーで優勝を決めた。

トータル11アンダー単独首位で最終ラウンドに臨んだガルシアは、3バーディ・ノーボギーの“68”でホールアウト。後続に5打差をつけてマスターズ覇者の強さを見せ付けた。

日本勢トップの小平智は、5バーディ・5ボギーの“71”でフィニッシュ。スコアを伸ばしきれず、トータル9アンダー2位タイで開幕戦を終えた。同じく2位タイには、ショーン・ノリス(南アフリカ)が並んだ。

首位と7打差の19位タイから出た石川遼は、トータル4アンダー16位タイで終了。その他日本勢では、稲森祐貴がトータル5アンダー12位タイにつけた。

【最終結果】
1位:セルジオ・ガルシア (-14)
2位T:小平智 (-9)
2位T:ショーン・ノリス (-9)
4位T:ジャズ・ジェーンワタナノンド(-8)
4位T:ダンタイ・ブーマ (-8)

12位T:稲森祐貴 (-5)
16位T:石川遼 (-4)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・「4日間持たなかったのが収穫」 16位の石川遼、新スイングの手応え
・「頭を使った1週間」 2位タイの小平智 マスターズに一歩近づく
・曲がらない男・稲森祐貴 待望の初優勝はパット克服にカギ
・D・ブーマら4名が「全英オープン」への切符を獲得!

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ