【動画】関 浩太郎×オノフ アイアン「7番で200ヤード※」飛びのワンオン達成!!


アベレージゴルファーがやさしさと飛距離性能を追求したアイアンを手にすると、ゴルフはどう変わるのか。
そこで今回は、爽快な打球音や高い弾道で力強く飛ばせると評判のオノフ赤アイアンを関浩太郎が試打検証した。
舞台は池越えのパー3。果たして赤アイアンの実力は?

※ 189ヤード表示板の後方4ヤードにあるバックティからティショットしたため、グリーン中央までの実質距離は193ヤード。取材時はアゲンストであったため、7ヤードを加えた分で算出している。
関 浩太郎
(せき・こうたろう)
1974年6月10日生まれ。茨城県出身。米国アズメディアプロゴルフスクールにて最新スイング論を学び、米ミニツアーを転戦。現在は「SEKIGOLF CLUB目黒」にてフィッティングやコーチを務めている

オノフ アイアン(赤アイアン)

●素材:
[#4~#9]ハイマレージングプラスⅢフェース、ST22ステンレスボディ、タングステン合金ウエイト 
[PW~SW]ソフトステンレス
●シャフト(フレックス):
①スムーズキック MP-5141(S,R,R2)/
②N.S.プロ850GH(R)/③N.S.プロ950GH(S)
●税込み価格:
①5本セット(#6~#9,PW)10万5000円+税、単品(#4,#5,AW,SW)2万1000円+税、②③5本セット(#6~#9,PW)8万5000円+税、単品(#4,#5,AW,SW)1万7000円+税

もっと詳しく

進化させたVピラミッドフェース肉厚構造を採用。スイートエリアを極限まで拡大させ、オフセンターヒット時でも力強い飛びを可能にした
 
大型のタングステンをソールに配置することで、ヘッドを低重心化。球を上がりやすくさせ、高弾道で簡単に飛ばせる

オノフ アイアンをもっと詳しく

スペシャルコンテンツ最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス

アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ