「胃が痛くて3キロ痩せた」キム・ハヌルが赤裸々に語った不調の原因

“スマイルクイーン”の笑顔は健在だが、実は胃が痛い思いをしていたなんて
“スマイルクイーン”の笑顔は健在だが、実は胃が痛い思いをしていたなんて 【拡大】
昨季、年間3勝して賞金ランキング4位に入ったキム・ハヌル。ただ、今季は様子がおかしい。昨季、鈴木愛と賞金女王争いをした強さが陰りを見せている。

今季は10試合に出場(6月3日時点)して、サイバーエージェント レディスで7位タイ、Tポイントレディスで10位タイのトップ10入りが2回。予選落ちと棄権がそれぞれ1回で、賞金ランキングは45位タイと低迷している。2015年から日本ツアーに参戦し、毎年優勝しており、今季も賞金女王候補の一人に挙げられていたのだが……。気になるのは、現在の状態だ。

「ドライバーのスイングの感覚が、まだよくないんです。グリップの感じがぴったりきていると私は調子がいいんですが、その感覚が戻ってこない状態です。今はそれを調整しているところですが、フィーリングがあまり合わず、打つときに迷いが生じているんです」

ドライバーに自信が持てていないというハヌルは、「調子が悪いときは右や左に球がバラけてしまい、飛距離も出ない」という。

確かに今季のフェアウェイキープ率は64.5408パーセントの47位と低く、ドライビングディスタンスも235.6ヤードの49位。「去年はドライバーの平均飛距離が240ヤード近く出ていた」(ハヌル)というから、飛ばなくなったことで、チャンスにつく回数が減ったとも考えられる。

こうした状態が続くことで、精神的にも余裕がなくなり、体調を崩したことも正直に明かした。

「プロ11年目ですけれど、調子の波はけっこうあります。韓国ツアーで2年連続賞金女王になった翌年は、一気に成績が下がりました。そうなると自分の心にも余裕がなくなります。周りの人に対しても迷惑をかけてしまったり……。サイバーエージェント レディスからほけんの窓口レディースまで、あまり食べられなかったので3キロ痩せました。ストレスで胃が痛くなり、食事がほとんどできなかったんです。今は食欲も戻ったので大丈夫です」

自分のゴルフができないストレスが、体に異変を起こしていたのだ。現在は浮上のきっかけをつかむため、気分転換も大事にしている。

「リフレッシュのために、ゴルフをしない人と会って話をしたり、韓国に帰ったときは生け花もやりました。趣味のダンスは動きが激しいので、休んでいます」

とはいえ、一度上位争いをして結果を残せば、気分は上がってくるもの。まずはよい成績を残すことで、かつての自信を取り戻したいところだ。

(本誌・金 明昱)

文・編集部 ※2018年6月26日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2018年6月26日号(2018年6月12日発売)の芝目八目では、そのほかに以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●ステップ・アップ・ツアー勝率100%の原英莉花、レギュラーツアーでの大爆発はいつか!?
●ウェッジのロフトとシャフトを替えて青木瀬令奈のアプローチがV字回復!?
●あなたの町に有名男子プロがやって来る!夏場は地区オープンがアツい!
●もっと女性が活躍できるゴルフ界に!R&Aが関連諸国へ約117億円の投資を決定
●外環道東側の全面開通で千葉→常磐方面、東東京→千葉のゴルフ場へのアクセスが飛躍的に向上何だ?

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ