あの頃ワタシは若かった 昭和の履歴書 女子プロ編 vol.15 -山崎千佳代-




運動能力以外も問われるゴルフの魅力にハマった

体育教師志望から一転、プロゴルファー一直線。日体大ナンバー1の運動神経を引っ提げてプロデビューした山崎千佳代。ツアー8勝の実績を「中途半端だった」とクールに見つめるその履歴書は……。
大学時代、自らの写真にサインを入れて。すでにプロ入り後のサインを練習していた!?
大学時代、自らの写真にサインを入れて。すでにプロ入り後のサインを練習していた!? 【拡大】
山崎千佳代(やまざき・ちかよ)
0歳 1964年2月10日、東京都板橋区に生まれる
11歳 父の練習についていき、初めてクラブを振る
16歳 レッスンプロが教えてくれるようになり、毎日練習場通いを開始
17歳 初めてのラウンド。100は切った
18歳 ゴルフ部に入るために推薦入学で日体大へ
19歳 研修生になるために大学を中退
22歳 プロテスト合格
………………………………………………………………
25歳 ウイングフィールドカップ石亭レディスでツアー初優勝
ツアー通算8勝

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ