パーゴルフ編集部員Tが感動した一発逆転の増毛体験記「悩んでるならスヴェンソンに行かなきゃMDS(マジでソン)!」(提供:SVENSON)

「薄毛ゴルファーの皆さん!悩んでるならスヴェンソンに行かなきゃMDS(マジでソン)!」

 人間、歳を取ると当然ながら身体のいろんなところが劣化してくる。ただ、緩んでしまった “ワガママボディ”はその気になれば運動で解消できるし、肌のピチピチ具合もスキンケアなどである程度はアンチエイジングできる。だが、今回のメインテーマである多くの男性がブチ当たる難問、「薄毛」に関しては、先祖代々の悪しきDNAのせいでどうにもならない。

 ある程度は栄養バランスや育毛剤などでなんとかなるとか諸説言われているが、どうしようもなく不摂生なヤツがフッサフサだったりするから、もはや信用できない。「なんでやねん、マイペアレンツ!」って叫びたくなるくらい、非常に不公平さを感じるが、これはもはや避けがたい運命であり、それに抗うのは難しい。

 で、やっぱり戦国武将でもない限り、ズルむけ状態よりは、ある程度髪があったほうが現代では見た目もいいに決まってる。親父からハゲブレッドの血を受け継いだ自分としては30歳半ばをすぎたあたりから毛量の著しい減りが気になっていた。そして、41歳の今、ここ1年半くらいで頭頂部に、もはやギョッとするくらいのドーナツ化現象が起こっていた。
別に宣教師でも何でもないのに……荒廃してしまった頭頂部



 会議や発表会でもなんだか前方の席に座ることに抵抗を感じるようになっていた。このままではストレスにより、どんどん愛しい毛が去っていく。去る者追わず、がモットーだが毛は別だ。「男性ホルモンが有り余っている証拠じゃないか、何が悪いんだ!」と思うようにしていたが、見た目は劣化していく一方なのだ。そこで、思い切って、やくみつる氏でおなじみのスヴェンソンで増毛してみることにした。他にも増毛を取り扱っているところはあるが、35歳くらいから色々リサーチしていた結果、「やるならスヴェンソンの増毛法が一番シンプルでトラブルがないんじゃないかな」となんとなく思っていたのである。
1清水の舞台から飛び降りる覚悟で、いざ、スヴェンソン渋谷店へIN!2全て個室で行なわれるためプライバシーもちゃんと守られる。「一体フサフサになるにはナンボかかるのかしら?」と不安を抱えながらもカウンセリングはじまっちゃったよ!3今回、ゴルフでいうクラブフィッティングならぬヘアフィッティング(勝手に名付けてますが)を担当してくれるヘアスタイリストの竹森さん(悔しいが自毛)。

 カウンセリングではどういう髪型にしたいかを決める。バレたくない人はとりあえず最初は自然に増えたくらいに見えるようにしてもいいだろう。その後、髪型を変えたいなど希望がある場合は相談できる。今回は元美容師でヘアスタイリストの竹森さんが俺の担当となってくれた。とりあえずオーダーで作ると出来上がるまで2〜3ヶ月かかる。なので、すでにある既存の型(かなりのパターンあり。これでも十分なんだけど!)をアレンジして俺の分身を早速用意してくれた。

 その増毛ウィッグは人毛を使っているので、非常にリアルだ。でも、一体それを俺にオンしてどうなるんだろう? 違和感ありありなんじゃないの?と若干まだ疑いながらも、とりあえずシャンプー。そして、取り付ける位置を決めていく。
この位置決めが重要らしい。何事もベース(土台)が肝心である。

 位置が決まったら、増毛ウィッグを乗せるためのベース作りが始まる。

 まず、3本の糸を使って自毛と編み込んで行く。このテクニックがまたスゴい。ものすごく難しそうだが、竹森さんは慣れた手つきでどんどん編んでいく。

 ここで安心してほしいのはサイド部分の髪の毛は遺伝子情報的に基本抜けにくいから、俺のようなハゲブレッドでもこのくらいの編み込みであれば問題なし。あれよあれよ、30分くらいでベースが完成。
まるで細めドレッドヘアのように編まれてる! レゲエに目覚めそうな5秒前!※【企業秘密のため画像をボヤかしています】

 いよいよ、我が “分身くん”こと増毛ウィッグをオンする。そしてベースと合わせて、丁寧に竹森さんが縫い合わせて行く。さらに、あれよあれよの15分ほどで完成! 早いよ! 神業すぎるよ! そして全体を整えるために増毛ウィッグと自毛をミックスした髪をカットする。
おっ、なんか出来上がって来たぞ。ベースと増毛ウィッグを縫い合わせる。そしてカットへ。


タップで電話発信♪0120-28-6074

〔気になるその出来栄えは?! 感動の仕上がりは次のページへ〕

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ