今平周吾 特注のパターが好成績の秘密

「独特のデザインで構えやすいんです」
「独特のデザインで構えやすいんです」 【拡大】
フジサンケイクラシックで新パターを手にして以来、同大会で5位タイ、翌週のISPSハンダマッチプレー選手権でも上位進出と好調なゴルフを繰り広げている今平周吾。そのパターとはオデッセイRX2ボールプロトタイプ(ダニエル・バーガーモデル)だ。

「インスタグラムで見た瞬間に、これはいいなと気に入って、オデッセイさんに自分にも作ってれるように頼んだんです」と今平。特徴は全体的に白いヘッドで、2ボールのフェース寄りのサークルには3の線が、後ろのサークルは黒く塗りぶされている。

「3本線の真ん中の線とボールの線を合わせるとスクエアに構えやすく、後ろのサークルが黒いことで、ヘッドの大きさを感じずに打てます」(今平)

ダニエル・バーガーといえば、米ツアーでも期待の若手だが、近い将来、海外メジャーで二人が戦う日がくるかもしれない!?

文・編集部 ※2017年9月26日号「トーナメントフラッシュ」より
週刊パーゴルフ2017年9月26日号(9月12日発売)のトーナメントフラッシュでは、そのほかに以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●池田勇太 新ブランドはゴルフの聖地の名
●塚田陽亮 長尺パターをテスト中!?
●勝みなみ 裏方を経験してプロとしてひと皮むけた?
●三ヶ島かな 頼もしい相棒が全国デビュー!
●西山ゆかり すし屋の看板娘のおふくろの味は?

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ