片岡大育、あの噂のプロトタイプは新〈JGR〉だった

このキバが飛ばしのヒミツ!
このキバが飛ばしのヒミツ! 【拡大】
 春先の女子ツアーを中心に、ブリヂストンの〈P01–7〉という謎のプロトタイプが話題を集めていたが、人気シリーズ〈JGR〉の新モデルであることが明らかになった

 「長嶋茂雄インビテーショナル セガサミーカップ」の練習日に早速テストをした片岡大育。「構えやすいし、打感はいいし、初速が出て、打ち出し角度も高い。フェースに食いついて飛んでいる感じがします」と目を丸くした。

 クラウン部のくぼみでたわませるのは前作と同じ特長だが、ソールのキバのようなシルバーの部分が土台を安定させてパワーロスを防ぐという新機能。福島オープンから使用許可が下りる予定で、「まだ使えないんですね」と少し寂しい表情を見せたが、秋には片岡の武器になっていることは間違いないだろう。

 文・編集部 ※2017年7月25日・8月1日合併号「トーナメントフラッシュ」より
週刊パーゴルフ2017年7月25日・8月1日合併号(7月11日発売)のトーナメントフラッシュでは、そのほかに以下のようなラインアップで選手たちの気になる最新情報をお届け中です。
●笠りつ子、ジョッキー? 職人?充実のオープンウイーク
●酒井美紀、30年前のパターで3季ぶりの優勝を!
●三ヶ島かな、生まれて初めて「感動をありがとう」といわれました!
●池田勇太、2カ月ぶりの日本ツアー…からの、すぐに海外へ
●倉本昌弘&渡邉彩香&長谷川祥平、東京のド真ん中に新インドアゴルフレンジ

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ