韓国の〝セクシークイーン〞アンシネがついに日本デビュー!

アン シネが、そのセクシーな姿を日本で披露するまでもうすぐだ!
アン シネが、そのセクシーな姿を日本で披露するまでもうすぐだ! 【拡大】
 韓国の美人プロといえば、イ ボミとキム ハヌルを連想する人が多いだろうが、〝第3の美人刺客〞がいよいよ日本ツアーにやって来る。

 昨年、日本ツアーのファイナルQTで45位に入り、今季から日本ツアー参戦を表明していた韓国ゴルフ界の〝セクシークイーン〞アン シネのデビュー戦が、国内メジャー初戦のワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ(5月4〜7日、茨城県・茨城GC西C)になることが明らかになった。

 日本でアン シネのマネジメントを担当する株式会社NOW ON取締役の松宮由季氏に話を聞いた。

 「日本のどの試合から出場するのかを話し合っていましたが、メジャー初戦のサロンパスカップから出場することを決めました。5月のほけんの窓口レディースにも出場することが決まっています。全部で8試合くらいの出場を予定しています」

 3月の開幕戦から約2カ月、姿を見せてこなかったアン シネ。1990年生まれの26歳で、身長165センチ、体重53キロのモデル体形で抜群のプロポーション。〝セクシークイーン〞の異名はだてじゃなく、ボディラインが強調されるセクシーなウエアは彼女のトレードマークのようなもの。トーナメントでその姿に自然と目を奪われるのはもちろん、インスタグラムでは、プライベートの水着ショットで美脚と豊満なバストを惜しげもなく披露している。

 そんな派手な容姿ばかりが注目されがちだが、ゴルフの実力はどうなのか。

 韓国ツアーでは通算3勝で、2015年には韓国メジャーのKLPGAチャンピオンシップで優勝して、19年までのシード権を手にしている。

 「日本の初戦がメジャーという難しい選択ではありますが、今年は韓国ツアーにも出ているので試合勘には問題ありません。(アン)シネは日本ツアーをとても楽しみにしていますよ」(松宮氏)

 アン シネはイ ボミ、キム ハヌルに続く刺客となれるか。5月のワールドレディスサロンパスカップの初日に注目だ。

(本誌・金 明昱)
※2017年5月2日号「芝目八目」より

週刊パーゴルフ2017年5月2日号(4月18日発売)の芝目八目では、そのほかに以下のようなラインアップでゴルフ界の気になる最新情報をお届け中です。
●中嶋常幸が振り返るマスターズ「ガルシアが勝てて松山が勝てない理由はない!」
●ゴルフスタジアム問題続報 PGAに責任はないのか?
●ガルシアのマスターズ優勝に貢献した〝赤パター〞がすでに完売か!?
●アジアンツアーCEOが明かしたプラン 日本・アジアの共同主管試合は近い将来10試合近くに増える⁉

関連記事一覧

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ