天下を三分する!?噂のニュードライバーいっき打ち


テーラーメイドの「Mシリーズ」は米ツアーデビューと同時に連勝街道驀進中、キャロウェイの「GBBエピックシリーズ」だって日本ツアーとヨーロッパツアーで2勝を挙げ、発売前から予約が殺到、店頭売り上げも絶好調だ。そこに割って入るのはミズノが開発に2年半も費やしたと言う自信作「MPシリーズ」。今春のドライバー市場を三分する勢いのニュードライバー達を打ち比べた。

テスター紹介
NEWドライバーをテストするのは橋本プロとアマチュアの那須さん。ただ打ち比べるだけではなく、弾道計測器〈フライトスコープ〉を使用してそれぞれの弾道の違いもテストした。

プロ代表橋本潜(はしもと・せん)
1972年生まれ、身長173センチ 体重68キロ。PGA A級ティーチングプロ、Sen Hashimoto Golf Academyを主宰。都内、三鷹ゴルフプラザなど関東を中心に最新機器使用した科学的なレッスンを行なっている。ドライバーヘッドスピード46m/s前後

アマチュア代表那須久治(なす・ひさじ)
身長174センチ、63キロ、50代会社員、ゴルフ歴20年、年間ラウンド数70回、ハンディキャップ0。ドライバーヘッドスピード40m/s前後


【この計測器を使用】 フライトスコープ

レーダーを利用した高精度弾道計測器。打ち出し角、初速、スピン、高さ、飛距離にとどまらずヘッドスピードやヘッド軌道なども計測できる

スペシャル最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ