最新記事

  • 藤田寛之の目指せパット・シングル

    ツアーの中でもパットの上手さに定評がある藤田寛之。藤田は「パットはショットにつながっている」という考えを持っており、パットが良くなれば、ショットも自然と安定してくるという。

  • 週刊パーゴルフ 11月10日号

    打ち方&ギアで徹底サポート アイアンの飛距離を伸ばせ!(10月27日発売! 週刊パーゴルフ11月10日号告知ページ)

    アマチュアゴルファーにとってドライバーの一発の飛びは爽快ですが、スコアをまとめるならドライバーよりも打つ機会が多い「アイアン巧者」になりたいもの。そこで、今週発売の週刊パーゴルフ11月10日号では、技術&ギアでアイアンの飛びを徹底サポートします。

  • 深堀圭一郎のシンプル・アイアン

    メジャーの日本オープンを含む通算8勝と、ツアープロ20年の実績を持つ深堀圭一郎だが、切れ味のいいアイアンショットには定評がある。

  • 深堀圭一郎のシンプル・アプローチ

    メジャーの日本オープンを含む通算8勝の実力者・深堀圭一郎だが、特に目を引くのがアプローチショットの上手さ。経験に裏打ちされたテクニックをアマチュアでも取り入れられるようにシンプルにレッスン。

  • 週刊パーゴルフ 10月3日号

    引退、宮里藍 (9月19日発売! 週刊パーゴルフ最新号告知ページ)

    藍ちゃん、ついに引退してしまいましたね。我々ゴルフファンとしては寂しい限りですが、でも、今まで小さな体であんなに頑張ってきた藍ちゃんです。本当にお疲れ様、そしてありがとうと言って送り出してあげましょう。きっと第二の人生も彼女らしく颯爽と歩んでいってくれることでしょう。藍ちゃんの今後に幸多かれと祈るばかりです。

  • 週刊パーゴルフ 9月26日号

    韓流・美脚クイーン ユン チェヨンが教える (9月12日発売! 週刊パーゴルフ9月26日号告知ページ)

    日本女子ツアーにおける韓国人選手の存在感は年々大きくなる一方のように感じます。そんな中、未勝利なためか知名度はいまひとつながら、その美貌と実力でネクストブレイク美女ともっぱらの評判なのがユン チェヨン。なんと日本の雑誌で初のレッスンをパーゴルフ誌上で行ってくれました。シードも当確となり、日本ツアー初勝利が待たれる彼女が日本で最も改善したというアイアンのレッスンをお見逃しなく!

  • 週刊パーゴルフ 9月19日号

    高い球を打ちたがるのがアマチュアの悪いクセ! (9月5日発売! 週刊パーゴルフ9月19日号告知ページ)

    週刊パーゴルフ9月19日号はスコアにつながる特集が盛りだくさん!巻頭特集は「プロたちは意図して低く抑えた球を打っている」。アマチュアは高い球を打とう高い球を打とうとしがちですが、プロは逆。これができればパーオン率7割も夢ではないといいますから、やってみない手はないですよ!

  • 週刊パーゴルフ 9月12日号

    今季初優勝! 独占インタビュー (8月29日発売! 週刊パーゴルフ9月12日号告知ページ)

    いや~、長かったですね~~。えっ、何がって? そりゃあ、イ ボミ選手が今季初優勝を遂げるまでに決まってるじゃないですか。3年連続賞金女王を期待された今シーズン、上位には絡むものの優勝には至らず、「イ ボミどうしちゃったの?」と心配された約半年。周囲が感じる以上に、本人にとっては長かったことでしょう。そんな、勝てない期間に彼女が何を感じ、何を考えたか、本誌だけに語ってくれました。必読です!

  • 週刊パーゴルフ 9月5日号

    これをマネするだけでショット力が劇的向上! (8月21日発売! 週刊パーゴルフ9月5日号告知ページ)

    メジャー獲り寸前にまで迫った松山英樹の全米プロ! 我らがエースのショット力が世界一といっても過言ではないレベルにあることを確信させてくれる2週間でしたね。そんな松山英樹のショット力の源泉が何かといえば、アドレスからフォローまでビクともしない前傾角度。少しでも松山のスイングに近づくコツを気鋭のティーチングプロ石井忍が教えてくれます。

みんなでジャーナリスト

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ