ドルフィンウェッジDW-116 [キャスコ]

操作性、スピン性、打感を向上させた軟鉄鍛造モデル

ストレートネックの初代〈ドルフィンウェッジDW-113〉、セミグースにした2代目〈同DW-115G〉に加え、軟鉄鍛造モデルとして発売されたのが、3代目〈同DW-116〉だ。独自の「ドルフィンソール」ながら、ヒール部分のバックフェース方向にラウンドと角度をつけ、フェースを開いても構えやすい形状。ヒールソ ール幅とフィンの幅を1:1に設計することで、ソールが広く機能してヘッドがやさしく抜けるという。また、「番手別逆さ富士溝設計」を採用。求められるショ ットに応じた最適なスピン性能を発揮する。さらに、この溝をリーディングエッジ近くまで最大本数入れることで、スピン性能が向上した。軟鉄(S25C)鍛造製法にすることで、心地よく、柔らかな打感でフェースに球が食いつく感触が得られる。

【週刊パーゴルフ 9/12号掲載】
●ロフト角/50度、52度、56度、58度
●シャフト/①NSプロ950GH、②オリジナルカーボン
●フレックス/①②S、R
●価格/①2万円+税、②2万4000円+税
締切 2017年09月05日 12時00分
当選数 1名

受付を終了しました。

プレゼント最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ