坂田信弘のラウンド進化論 スタート前の練習では、スイングより何よりもアドレスのチェックが優先順位の一番にくるべきと思う

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(6月26日号)では「アプローチもバンカーもピン一直線狙いで攻める」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ6月26日号のラインアップはコチラ!


スタート前の練習で一番大切なものは何か。体慣らしか、スイングのチェックか、それとも振りのフィーリングチェックか、アイアン飛距離の確認か。また、スタート前の練習で今日のスコアの8割は決まると考え、スタート時間ギリギリまで打ち続ける方もおられるようだ。しかし、このタイミングでスイングを変えようとしても手遅れである。スタート前の練習では、アドレスのチェックに時間と集中と努力を注ぐべきと思います。

呼吸が浅ければ背筋を伸ばす

 スタート前の練習。何を意識して取り組んでおられるだろうか。いい球か、納得いくスイングか。練習場でナイスショットが出れば、安心してスタートしていけるという。確かに、気持ちは理解できる。だが、スタート前の練習は、スコアを占うためのものではない。

 スタート前練習でやるべきは、その日のコンディションに合わせたアドレスの調整である。

 まずはアドレスする。その姿勢で深く息が吸えるかを確認する。深く息を吸えれば問題ないが、疲れていたり、睡眠不足だったり、二日酔いであったりすると呼吸は浅くなる。そして深呼吸すれば、両の肩が動く。そういうとき、背中は丸まっている。アドレスして息が吸いにくいと感じたら、背筋を伸ばせばいい。

「アドレスでは背筋を伸ばせ」と、塾生には言い続けてきた。アドレス時の前傾、強まると練習場のスイングはできないし、練習場で打てる球質も球筋も飛距離も出すことはできないのです。姿勢がすべてでありました。

 体調が悪いと呼吸が浅くなるのは、経験則として知られてきたことである。しかし、そこで終わってしまっては次の手段が出てこない。その事態を分析し、体調のいいときと同じように深く呼吸をするにはどうすればいいのかと考えるのが理論である。

 そこで呼吸が浅かったら背筋を伸ばせ、という理論が誕生する。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ