坂田信弘のラウンド進化論 逆球の防止は指先ストレッチが最善

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(5月1日号)では「フェアウェイバンカーからダフらず飛ばす」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ5月1日号のラインアップはコチラ!


ゴルフでは手先・指先の感覚、特に左手の感覚が重要だ。左手の感覚が鈍くなると、己の持ち球を打つのが難しくなる。指先がかじかむとなれば、感覚、鈍まろう。鈍いままでスタートしていくのは、問題ありと思う。手先・指先を敏感に保つ方法はあります。

グリップを硬く太く感じたら要注意

 1番ティ上、まずは左手だけでグリップを握る。このとき、グリップを硬く太く感じるときと、細く軟らかく感じるときがあるはずだ。

 私は普段、ドロー打ちだが、グリップを硬く太く感じるときはスライス球が出てしまう。極端なスライスが出るわけではないが、ヘッド軌道が少しだけズレて、打ち出した球は途中から右曲がりしていく。スタートホールから右に曲がるのは気持ちが悪い。自分のスイングへの自信が揺らぐ。私の場合、グリップを硬く太く感じるときは、ウッドもアイアンも全部右に曲がります。

 プロは、硬さ・軟らかさ、太さ・細さに敏感だ。インパクト時のボールの柔らかさも感じる。いつも同じではない。硬いと感じる日もあれば、柔らかいと思う日もある。

 日によって硬さが違うといっても、ボールやグリップが変化しているわけじゃない。問題があるのは己の指先だ。指先が鈍感だと、硬く太く感じるだけのことである。敏感であれば、軟らかく細く感じる。己の持ち球を出すには、指先の敏感さはいる。そのためには、手先のストレッチをするが最善。

 左手でグリップを握る。このとき、いつもより指と指の間隔を広げておく。そしてギュッと締めたり、緩めたりを繰り返す。軟らかさ、細さが出てくるまで左手の指先と手のひらに圧をかけるわけだ。

 あるいはクラブを持たず、左手のひらを開いて小指から順に指を曲げていく。握り込んだら一気に手のひらを開いて、また小指から握っていく。こうした指先のストレッチをスタート前に1~3分行うだけで、指先と手のひらの敏感さは戻ってきます。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ