坂田信弘のラウンド進化論 懐に余裕を持て

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(4月17日号)では「メジャートーナメントはプロの『顔』を見る」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ4月17日号のラインアップはコチラ!


若い人が提唱する飛ばしの理論を、60歳を過ぎた方が実践するには無理がある。柔軟性、筋力、反応力、順応力ともに、若いころとは違う。50歳を過ぎてくると、速く振ろうとしても速く振れてはいない。意識と現実の己のスピードとが異なる、体と心の乖離が生じている。60歳以上の飛ばしに必要なのは、スイングを大きくすることだけだ。それだけが可能なる実践手段である。

ダウンスイング中、右肩を目で追う

 球を飛ばすためには、懐の余裕がいる。アドレスでの懐、トップスイングの懐、フォローの懐、それぞれの懐の余裕が美しいスイングを生み、飛距離を生む。

 だが、年を取ってくると懐が狭くなる。60歳を過ぎて飛ばそうと思ったら、いかに懐に余裕を持たせるかを考えなくてはいけないと思う。懐が広がればスイングが大きくなる。そうすれば飛距離は伸びる。

 若いころなら、速く振るだけでよかった。そして振っていた。若い反応力は、意識とスイングスピードと飛距離の間の乖離(かいり)はなかった。

 だが60歳を過ぎると話は違ってくる。速く振っているつもりでも、スイングスピードは変わっていない。むしろ余計な力が入るぶん、スイングの型は崩れ、芯どらえの確率は落ちていった。

 私自身のスイングの連続写真を見てよく分かった。バックスイング始動からフィニッシュまでの連続写真、若いときに力を入れて振りにいったときのシャッター数は少なかった。ところが今は、力いっぱい振ったときと軽く振ったときのシャッター数は変わらない。懐が狭くなっている。

 ならば懐を広げスイングを大きくするには、どうすればいいのか。

 右肩に感性を宿せばいい。

 ダウンスイングの最中、右肩を目線で追えば、速くは振れぬが大きく振ることはできる。スイング弧が1センチ大きくなれば、飛距離は2ヤード伸びる。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ