匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【山本善隆4】



距離の長いパー4の攻め方
どう攻めてまとめるかはティショット後に決める


大抵は第2打で無理して攻めて大たたきしている

 シニアの試合でも450~460ヤードくらいと距離の長いパー4があります。おかげさまでボクはまだ2打で届かんということはないけど、それでもアゲンストの風が強かったり、当たりが悪くてドライバーが飛ばんとつらくなりますわな。

 そうした難度の高いパー4では、何にしても欲張らんことが大事やね。特に第2打です。やみくもにグリーンに届かせようと、フェアウエーウッドなど長いクラブを振り回し、打球を曲げて7とか8とかたたく人が多いやん。自分が持っている技術やパワー以上の結果を求めると、大ケガを招くことが分かっとらんのよね。

 時には大たたきを防ぐために、第2打を安全なところに刻んで、ボギーでもしゃあない、と3オン狙いで攻めることも頭に入れておくべきやね。そうすると気持ちもラクになってスムーズに振れて、思いの外アプローチが寄ってパーを拾えることも多くなるもんやで。

 それに、2オン狙いでミスして50ヤードを残すのと、最初から50ヤード残すつもりで打つのとでは、第3打に対するメンタル面も全然違うわね。前者の場合はミスしたショックを引きずったり、ここは絶対にピンに寄せなあかん、と体もガチガチになって、再び手痛いミスをしがちですわ。その点、後者であれば、計画どおりにボールを運べたんやから、気持ちの準備もできているだろうし、前向きな姿勢で第3打に臨めるわけや。当然、好結果を導く確率も高くなるわね。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ