匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【山本善隆1】



スコアアップの2大事項
きちんと構える! 飛距離を欲張らない!


常に目標に対して正しく構えるだけで、スコアを縮められる

 うん? 普段90前後のスコアで、たまに100近くたたくような人とボクが一緒に回ってレッスンしたら? そやねぇ、70台で回すのはしんどいけど、ボクのアドバイスどおりにプレーすれば80台前半はラクに出せるやろね。

 そのときは、取りあえずは1打ごと、正しく構えられているかをチェックします。特にティショット時、ティグラウンドの向きにだまされて構えている人が多いんですわ。ティグラウンドというのは、必ずしもフェアウエーのほうに向いているわけではありません。それに気づかず、ティグラウンドの向きどおりに右のOB方向に向いて構えていたりする。それで、そのまま打って右OBにしているケースをよく見かけます。

 あとは、ホールの見た目でアドレスが狂わされることもありますね。例えばフェアウエー左サイドのOB杭(くい)や池が目に飛び込んでくるようなホールでは、ついつい必要以上に右に向いて構えて、右の林に打ち込んだりしてね。だから、目標ラインに対して常にスクエアに構えさせるようにするわけです。

 ただその際は、スタンスや体の向きを正しく合わせるより先に、フェースを目標方向に対してしっかり向けることから始めさせます。すると目標ラインをしっかりイメージできて、よりスクエアに構えやすくなるはず。そうして常にきちんと構えさせるだけで大たたきを防止でき、スコアの二つや3つくらいは簡単に縮められると思いますよ。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ