匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【崎山武志3】



砲台グリーンを攻める
使用番手、ピン位置で狙い方は変わる


グリーン手前までの距離をしっかりと確認してクラブ選択

 本来、砲台グリーンといえば、平坦(へいたん)なフェアウエーの先に高く盛り上げて造られたグリーンを指すのかもしれませんが、ここではグリーンまでダラダラと上っている打ち上げホールも含めてお話しします。いずれにせよ、通常よりもボールが早く落下するぶん、打球を高く上げないことにはグリーンに止めづらい。それでいて、特に打ち上げホールとなると番手を上げて打たないことには届かないケースが多いだけに厄介です。

 砲台の高さやグリーンの硬さ、およびグリーン周りの状況などを見極め、ベストな攻め方を選択するわけですが、皆さんの場合、まずはボールからグリーン手前のエッジまでの距離をしっかり把握するようにしてください。それが後々肝心となります。当然、それなりに打ち上げていればプラス10ヤードです。

 山岳コースなどでピンがまったく見えないほど打ち上げていたり、その対策としてものすごく長い旗竿(ざお)を使用しているホールがあります。そのときはプラス20ヤードくらい加味することもありますが、通常のコースでは、大抵はプラス10ヤード、つまり1番手上げて打つくらいの高さに設計されているものです。

 次にグリーンエッジからピンまでの距離を足します。ボールからグリーンエッジまでが打ち上げも入れて120ヤード、そこから15ヤード先にピンがあるとすれば計135ヤード。皆さん、9番、もしくは8番アイアンで打つか悩むところでしょう。でも、アゲンストの風が吹いていたり、ボールのライが左足上がりのきつい傾斜だと飛距離が落ちるぶん、さらにもう1番手上げる必要に迫られるはず。その辺りもきちんと計算に入れてクラブを選んでください。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ