絶対に100をたたかない もりモリ総研 vol.44 あえてフロントティから回ってみる




週刊パーゴルフ最新号(1月9・16日合併号)では、
「心の中で『ケンカしない』ことがメンタルコントロールの極意」をレクチャー
ぜひともご一読を!
その他の週刊パーゴルフ1月9・16日合併号のラインアップはコチラ!



フロントティから回ってみると新しい発見がたくさんある


アイアンショットは明確なターゲット意識を持って打つことが大事。それなのに漠然と打ってしまうのは、グリーンを狙える状況を作り出せていないから。ゴルフ思考を高めるためにも知っておくべきこととは…

セカンドショットでグリーンを狙える状況を多くつくることが大切

コースマネジメント能力を高めるのはプロゴルフアーやトップアマでも同じ。戦略を立てることに慣れておくのがレベルアップへの近道だ
コースマネジメント能力を高めるのはプロゴルフアーやトップアマでも同じ。戦略を立てることに慣れておくのがレベルアップへの近道だ 【拡大】
 ティグラウンドには、一般的にバックティ、レギュラーティ、レディスティの3つがあり、通常のプレーではレギュラーティを使用することが多いでしょう。バックティからのプレーでは距離が長く、コースによってはもっと長いチャンピオンティを設置しているところもあります。またレギュラーティと女性用のレディスティの中間の距離のフロントティを設置しているコースもよく見かけます。

 一般のアベレージゴルファーは、大抵はレギュラーティを起点にしてプレーするでしょう。ときには腕試しにバックティを使用することもあると思います。でも私がよく口にする「ゴルフIQ」、つまりゴルフの思考力を高めるには、本当は前のティからプレーすべきです。

 競技ゴルファーは別にして、一般のアベレージゴルファーやゴルフを始めたばかりの人は、バックティからは回らないで、なるべくフロントティ、またはレディスティからプレーしましょう。女性でも男性と同じレギュラーティから回りたがる人も結構多いのですが、レディスティから回ることをお勧めします。何故かというと、そのほうが早くうまくなれるからです。

 たとえば380ヤード、パー4のホールがあったとしましょう。ドライバーで220ヤード飛べば2打目でグリーンを狙えますが、ドライバーが150ヤードしか飛ばない女性が男性と同じティからプレーすると2打目でグリーンに届きません。2打目からフェアウエイウッドを使って130ヤードほど進み、残り100ヤードの3打目でやっとグリーンが狙えるということになります。一般のアベレージゴルファーがバックティから回ると、まったく同じ現象が起こります。

 本来ならパー4では、いつもセカンドショットでグリーンが狙える距離でゴルフをやるべきです。「グリーンを狙う」という行為を初心者のうちから覚えることが絶対に必要ですし、経験の長い人もグリーンを狙える回数を増やすことが上達のためにとても重要です。

 まずまずのショットをつないでいくことが前提ですが、パー5なら3打目、パー3ではティショットでグリーンに乗せらせる場所からグリーンを狙うためには、できるだけ前のティからプレーしていただきたいと思います。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ