匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【真板潔4】



リアルマナーを身につける
うまいより早いがかっこいい


グリーン上、人のラインをまたぐのは好ましくない行為

 スコアメークするには同伴競技者が誰であれ、また、どんなプレーをされても惑わされることなく、自分のリズムを守り、目の前の一打に集中すること。と、胸を張っていいたいのですが、ダメなんですよねぇ、私。プレーの遅い人だとか、相性の悪い人が一緒だと、精神的にイライラして自分のプレーを崩してしまうタイプ。いい年して情けないですよね(笑)。まぁ、シニアツアーは比較的プレーが早いし、大会によってはカートに乗れることもあって、以前ほどではなくなりましたが、今でもマナーの悪さを目の当たりにするとカリカリしてしまいます。

 昨年のこと。グリーン上で自分のボールをマークしたり、カップから拾い上げる際、本来なら遠回りして行うべきなのに、平気で人のラインをまたぐ選手がいました。本人としては、別に踏んでいないのだから何も問題ないだろう、という態度でしたが、いやいや、そこは狙い方によってはボールが通過するラインだし、カップに蹴られたらボールが止まる可能性もあります。そういうことをまったく気にせず、足跡をつけていたので、さすがに別の同伴競技者も怒って、その選手に注意していましたけどね。

 ちなみに、ボールを拾い上げるときも、カップのすぐ近くに立つのではなく、40~50センチ離れたところを踏むものです。そうでないとカップ周りがデコボコして、後続の組に迷惑をかけることになりますからね。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ