匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【田原紘1】



スコアカード有効活用術
18ホールを5、5、5、3ホールと4ブロックに分けて戦う


ブロック分けで気分もあらたに集中力を高める

 ゴルフは18ホールの長丁場を戦い抜くゲーム。ところが皆さんは、ラウンド途中でスコアを計算しがちです。早々に大たたきしてしまうと「あー、今日はもうダメだ」とその後のプレーの集中力を欠いてしまう。また、後半途中までいいスコアで回っていたらいたで「今日はいくつで回れそうだ、いくつで回りたい」と妙に緊張したり、力が入って自らミスを招いてしまう。

 そこで提案があります。スタート前、スコアカードを手にしたら、18ホールを1番から5、5、5、3ホールと4つのブロックに区切る線を入れてください。そうして、まずは1番~5番までの第1ブロックを精一杯戦うのです。

 第1ブロック終了時点、そこまで思うようにプレーできなかったとしても、スコアカードに入れた区切り線が目に入れば、過去を切り捨て、6番から気分一新プレーできるでしょう。逆に、満足いくスコアで回れたとしても、「よし、また次の5ホールも頑張ろう」と再スタートするつもりで第2ブロックへと突入してください。そうして第2、第3ブロックと臨めば、入れ込みすぎたり、先のホールのことを計算することなく、目の前の一打に対して集中力を高めたプレーが期待できます。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ