匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【海老原清治4】



バンカーショット
ヘッドの入れ方が得手、不得手に分ける

力を抜いてサラッと打つのが、我孫子流バンカーショット

 今回は、皆さんの多くが苦手にしているバンカーショットについてお話ししましょう。

 その打ち方、一般的にはフェースを開いてオープンスタンス。コックを使ってヘッドを上げたら、バンスからボールの手前に鋭角に下ろして砂を爆発させるようにして打て、といいますよね。うん、まぁ、それでもいいんですけどね……。爆発って言葉、よく使いますよね。確かにサンドウェッジ(以下、SW)って、その昔はダイナマイトって呼ばれていたくらいですから。えっ、知らない?(笑)

 でも、私がゴルフを学んだ我孫子GCでのバンカーショットはちょっと違います。当時、同コースのバンカーは砂が少なくて、すごく硬かったんです。そのうえ、グリーンが小さくてピンまでの距離は常にさほどない。そんな状況でバンスから打ち込んだりしたら、ヘッドが跳ねてホームランしちゃうでしょ。だから爆発させるような打ち方はしませんでしたね。で、どうしたかというと、フェースを開いても硬い地面にはじかれないように、SWのバンスを削ってピッチングウェッジ(以下、PW)みたいにしちゃうんです。それでボールのすぐ近く、ギリギリのところにヘッドを入れていくんです。ほとんどクリーンに、といってもいいかな。ただし、飛びすぎを防ぐために力を抜いてサッと振る。それが我孫子流バンカーショット。力を抜いて打つのです。

 だけど、この打ち方では他のコースの砂がフカフカに入っているバンカーや、ピンまで距離があるバンカーでは通用しないわけですよ。もう、研修生のころから、あー、これは打ち方を変えないとダメだなぁ、と気づきましたよ。当時は、まだアプローチウェッジとかなかったから距離があるケースではPW。ただ我孫子流だとカーンって飛んでいってしまうから、普段よりもヘッドをボールの遠くから入れて、それこそ砂を爆発させて、というか、砂ごと打ちました、力を入れてね。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ