絶対に100をたたかない もりモリ総研 vol.12 ティグラウンドの向きや状況などを観察しよう




週刊パーゴルフ最新号(5月30日号)では、
「動きのメカニズムを考えるより『重さ』や『遠心力』を感じよう」をレクチャー
ぜひともご一読を!
その他の週刊パーゴルフ5月30日号のラインアップはコチラ!



ティグラウンドの向きや状況などを「観察する」目を養おう


スコアをまとめる第一歩は、ティショットで致命的なミスを回避することにあります。100点満点のショットを期待するより、0点のショットを打たないようにする心がけが大切です。

ティグラウンドの向きや“直線”に惑わされないこと

 ティグラウンドに上がると大半のアベレージゴルファーは、そのホールのシチュエーションを真っ先に見ようとします。OBや池、フェアウエーバンカーなどのハザードがあるのか、グリーンまでほぼストレートなのか、などを見て、自分の打ちたい目標を決めるわけです。

 でもティグラウンドに上がったら最初にやるべき作業は、ティグラウンドの一番後ろに立ち、ティグラウンドの全体がどこを向いているかを十分に確かめることです。
ティグラウンド同様、二つのティマーカーを結ぶ線がフェアウエーと違う方向を向いていることはよくある
ティグラウンド同様、二つのティマーカーを結ぶ線がフェアウエーと違う方向を向いていることはよくある 【拡大】
 コース設計家の意図として、左にOBがあれば右の林のほうに向かせようとティグラウンドが右向きに造られている、といったケースがよくあります。ティグラウンドの直線感覚に惑わされてしまうと、自分の気づかないうちに体が右や左を向いてミスショットを誘発する結果となりますから注意が必要です。ティグラウンドが右を向いていて、その方向に合わせてスタンスをセットしても、意識がフェアウエーの方向にいくと肩が大きく開いた構えとなり、クラブはアウトサイドインの軌道を生み出して大スライスを招いてしまいます。

 コースは練習場とは違います。まるで練習場のマットの上で構えるように、周囲の直線をアテにしてはいけません。ティグラウンドや二つのティマーカーを結ぶ線がこっちを向いているな、ティグラウンドの直線がフェアウエーの方向とは違うな、などと確かめたうえで自分が打ちたいターゲットを明確に決めて、そのターゲットに対してスクエアに構えることが大切です。
ティグラウンドの左右の直線がどこを向いているかを確かめよう
ティグラウンドの左右の直線がどこを向いているかを確かめよう 【拡大】

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ