絶対に100をたたかない もりモリ総研 vol.7 バンカーではフェースをスクエアに構えよう




週刊パーゴルフ最新号(4月25日号)では、
「強風の日は風に影響されにくいスイングを実行するのがベスト」をレクチャー
ぜひともご一読を!
その他の週刊パーゴルフ4月25日号のラインアップはコチラ!



バンカーから出ないという人はまずはフェースをスクエアに構える


バンカーから1回で出せずに、苦手意識を克服できないでいたら100たたきの要因となります。どうして1回で出せないかというと、バンカーショットを難しく考えているから。シンプルな打ち方をマスターしましょう。

バンカーを特殊なショットと思うから難しくなってしまう

 バンカーショットの打ち方の説明でよく見るフレーズがあります。

●サンドウェッジのフェースを開き、オープンスタンスに構える
●スタンスの向きに沿ってアウトサイドインの軌道でボールの2センチ手前の砂にヘッドを打ち込む
●上から鋭角に打ち込み、砂の爆発力を利用してボールを脱出させる

 もちろん間違いではありませんが、多くの人が考えすぎてミスをして、バンカーから脱出できません。それではどうすればいいのか。一度この概念を捨てて、普通のアプローチ感覚で振ってみることです。

 バンカーショットは特殊なショットではありませんし、決して難しくないのです。フェースを大きく開いて、かなりのオープンスタンスに構えて打つのは、川奈ホテルGCなどでよく見られるようなアゴが高いバンカーからボールを高く上げて脱出したいケースやスピンを強くかけたいケースなどに限られます。
バンカーのアゴが高くなければフェースは特に開かなくてもいい。軽くオープンスタンスに構え、ボールをスタンスの中央より1個分左に置く
バンカーのアゴが高くなければフェースは特に開かなくてもいい。軽くオープンスタンスに構え、ボールをスタンスの中央より1個分左に置く 【拡大】
 高く上げるのは高度な技術を要しますし、ある意味で特殊なショットといえますが、バンカーの大半はアゴの高さが人間の身長より低いのですから、無理に高く上げる必要はないのです。アゴの低いバンカーでしたら、低いボールを打つアプローチの要領で構えて打つだけで簡単に脱出できます。

 普通に打てばボールを出せるのに、わざわざ複雑な打ち方をしようとするから、バンカーショットが難しくなってしまうのです。バンカーショットが通常のショットと違うのは、バンスが砂に当たり、インパクトの際にフェース面とボールの間に砂が入り込んでくることだけで、あとは何も変わりません。
アゴが低いバンカーなら、グリーン周りから低く転がすアプローチの要領で打つのがシンプルな方法だ
アゴが低いバンカーなら、グリーン周りから低く転がすアプローチの要領で打つのがシンプルな方法だ 【拡大】

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ