絶対に100をたたかない もりモリ総研 vol.3 芝をこする素振りでショットの感覚をつかむ

グリーン周りは傾斜地が多いため、インパクトの上下の打点のズレに注意

 グリーン周りからのアプローチを打つとき、平らな場所が少ないと思ったことはありませんか?

 実際そのとおりで、グリーン周りはフェアウエー以上に左足上がりや左足下がりなどの傾斜地が多いのです。そこで大事なポイントになるのが、インパクト時の打点の上下のズレを防止するために確認作業をすることです。

 それが何かというと、ショットの前の素振りです。打つ前のショットのイメージづくりも大切ですが、ボールの近くでライが同じ場所を見つけてヘッドで芝を軽くこするような素振りを実行して、ショットの感覚をつかんでおくことが何よりも重要です。多くのアベレージゴルファーはヘッドを空中で振るだけの素振りを繰り返していますが、それではまったく意味がありません。

 例えば軽い左足下がりの傾斜地からアプローチを打つ際に、空振りの素振りを繰り返すだけでは傾斜に適応した立ち方やボールの位置などがつかめません。すくい打ちなどのミスを誘発して上下の打点のズレが生じ、ダフリやトップが発生してしまいます。傾斜地では打点の左右のズレ以上に上下のズレが発生しやすいという点を頭に入れておきましょう。

 左足上がりの場合も同様です。左足が右足よりも高い状況では、上から打ち込まないようなスイングをしてダフリを防ぐと単純に考えるのではなくて、芝を軽くこする素振りを通して、その傾斜に適応したアドレスやスイングを体で感じ取ることが重要なのです。
素振りを3回続けるだけでも、斜面に沿ってクラブをどう振ればいいか体が反応してくれる
素振りを3回続けるだけでも、斜面に沿ってクラブをどう振ればいいか体が反応してくれる 【拡大】
ヘッドが進もうとする方向に下半身がブレることがないように、足腰の安定感をキープ
ヘッドが進もうとする方向に下半身がブレることがないように、足腰の安定感をキープ 【拡大】

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ