絶対に100をたたかない もりモリ総研 vol.1 アプローチ成功の秘訣

スイングがよくてもライの判断を間違えるとピンには寄らない

 大たたきをしないためのポイントはいくつかありますが、まずはすぐにでも取り組めるグリーン周りのマネジメントを紹介しましょう。

 アプローチショットのスイングは決して悪くないのに、ピンにまったく寄らないというアベレージゴルファーを多く見ます。

 もちろんアプローチのスイングの基本形というものがあって、それを実践するのは大切なことですが、スイングを先に考えたり、決め込んだりしてはいけません。アプローチの目的は、いうまでもなくピンの近くに寄せることです。いかにピンに寄せるかを先に考えるべきなのに、「寄せ方」を考えないで、「打ち方」ばかりに気持ちがいくから失敗してしまうのです。

 絶対に100をたたかないためのアプローチマスター法の第一歩として、ショットの前にグリーンのどの辺に落として、グリーンの傾斜に乗ってボールがピンに近づいていくシーンを想像する習慣をつけましょう。

 最初のうちは結果が伴わなくても結構です。「寄せるイメージづくり」をすることで、グリーン周りの状況に対する観察力や判断力が養われて、アプローチが必ず上達します。

 アプローチのイメージづくりには、ボールのライの見極めが重要です。ライとは「ボールが置かれた状況」のことですが、どんな打ち方でもできるケースもあれば、打ち方が限定されるケースもあります。

 ボールのライを十分に確認したうえで、これから打とうとするショットのイメージを組み立てながら、その状況に適応したショットをチョイスするのです。そのためにはできるショットと、できないショットを的確に判断しないといけません。薄芝などボールを上げるのが難しい状況で、フェースを開いてロブショットを平気で打とうとするアベレージゴルファーをよく見かけますが、トップしたりザックリしたりするのはスイングが悪いのではなくて、状況判断のミスです。

 スイングはよくても、グリーン周りを行ったり来たりしている人はボールのライの見極めと判断ができていないのが一番の原因なのです。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ