ドライバーが飛ばない人は必見! 左肩リードでドローが打てる vol.5

12345
今ココ!
胸をボールにぶつけるイメージでダウンスイング

ここまで、左右の肩の動かし方を部分ごとに事細かに説明してきた。最後は、両肩をうまく連動させて、左肩リードを完全マスターする方法を解説しよう。

左肩リード打法に軸回転の概念は不要
「左肩を水平移動させながら、右肩を低く入れるなんて、矛盾しているのではないか?」

 ここまで読んで、そう疑問を持った人は、軸回転を考えているのではないでしょうか。左肩リードの打法では、軸回転という概念は捨ててください。この打法は、左肩を主体に他の部位が連動して動くことでインサイドからクラブを下ろすことを実現させます。そこに軸回転の考えを重ねると、必ず矛盾が生じてしまいます。

 左肩を水平移動してから後ろへ引きつつ、右肩を両肩を結んだラインの下へ入れていくというイメージが湧かない人は、胸をボールにぶつけていく動きを取り入れてみてください。左肩が上がらないように行うと、上体がやや沈み込む動きになりますが、それが正解。また、前傾角度を変えないことが大切ですが、左肩を顔から引き離していくイメージで後ろへ引くと、うまくいきます。



左肩を上に上げずに胸をボールにぶつける
左肩を水平移動して(上に上げないで)右肩を低く動かすという、矛盾しているように感じる動きも、胸をボールにぶつけるイメージを持って動かすとできる

左肩を顔から引き離す感覚で前傾角度を保つ
左肩を顔から遠ざけるイメージだと、前傾を崩さずに胸をボールにぶつけるような動きができる

首のツケ根を動かさないと前傾角度が保てる


胸をボールにぶつけるイメージで左肩リードの動きをするには、首のツケ根の位置をキープする意識が必要。そうすると前傾角度が崩れにくい


首のツケ根の高さも変えずに肩を回転させたい



Q. 左肩リードを試したらダフリ、チョロが出ます

A. ダフリは、頭がボールに近づいてしまっていることが原因でしょう。左肩の水平移動を行いつつ、首のツケ根の高さをキープする意識を強く持ちましょう。また、左肩が上に上がる(浮く)と、ヘッド軌道が上にズレてチョロになります。ボールがトウ寄りに当たる場合は、左肩を水平移動せずに後ろに引いた場合に起こりがちです。
撮影協力・湘南シーサイドカントリー倶楽部、湘南シーサイドゴルフ練習場(ともに神奈川県) 取材/文・角田柊二
指導/吉本巧(よしもと・たくみ)
1980年8月27日生まれ、兵庫県出身。ゴルフ修業のために14歳で単身渡米。現地でツアープロ、プロコーチを経験する。宮里優作らとともにジュニア日本代表になったこともある。現在は、99ゴルフスクール(神奈川県)を主宰してアマチュアへの指導をする傍ら、テレビ・雑誌など各メディアでも活躍

全5回の連載となります。


週刊パーゴルフ 2014年11月25日号掲載

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ