すぐできる すぐ身につく “新”基本の「き」~第11回

両手のV字の向きをチェックしてみよう

両手がバランスよく握れているかどうかを確認するには、両手の親指と人さし指がつくるV字を基準にします。左手と右手のV字の向きがバラバラでは両手の一体感が感じられず、クラブがスムーズに振れないので注意しましょう
解説
佐藤芳行
(さとう・よしゆき)1970年12月18日生まれ、東京都出身。専修大学ゴルフ部を経て、2001年プロ転向。同年、単身米国に渡り、5年間ジム・マクリーンゴルフスクールにてスイング理論、ティーチング論等を学び、プロコーチの道に。現在、藤田寛之のコンディショニングコーチを務める一方、所属先の葛城GCで女子研修生育成コーチとして手腕を振るう。

第11回/グリップとアドレスの基本


※第10回と同じ動画です。後半に今回のレッスンの解説があります。

1・左手のV字が右肩を指す
左手の親指と人さし指のツケ根でV字をつくり、このV字が右頬と右肩のツケ根の間を指すのが基本です




2・ナックルが二つ見える
左手の甲がやや上を向き、人さし指と中指のナックル(指の盛り上がっている山)が上から見えるような握り方を基準にしましょう




3・右手もV字をつくる
右手も左手同様、親指と人さし指の根元を締めるようにしてV字をつくります




4・右手のV字も右肩を指す
右手はやや浅めに握り、右手のV字が左手のV字と同じ方向を指しているか確認しましょう


右手と左手のV字が同じ方向を向くようにグリップしよう

Weekly Pargolf 2014年3月25日号掲載

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ