左手がつくるパーフェクトスイング/第7回

毎週木曜日更新!


インパクトを通過した後はフィニッシュまで一気に振り抜く
ここで警戒したいのは左肩のオーバーターンだ



植村啓太(うえむら・けいた)
1977年5月27日生まれ、東京都出身。
米国でスイング理論を学び、21歳でティーチングプロとしての活動を開始。
現在は立山光広、菊池純、中村香織をはじめ男女ツアープロも指導する。2007年からK’s Island Golf Academyを主宰している。

文・三代崇 撮影・鈴木祥、村上航
取材協力・サンヒルズCC(栃木県)



フォローはフリスビーのイメージ。左肩支点でクラブを振り抜こう

左手リードとは左肩を支点にしてスイングすること
 トップスイングからダウンスイングへの切り返しでは腰を先に捻り戻し、それに続いて肩、腕、手、クラブという順で下りてきます。下半身先行のダウンスイングというわけですが、左手のリードで振り下ろすことで胸や肩の早い開きが抑えられ、ボールをしっかりととらえられます。
ダウンスイングで左肩を早く回そうとすると体の全体が開きすぎてしまい、スライスや引っかけなどの原因となります。インパクトからフォロースルーにかけても左腰と一緒に左肩が回りすぎて、フィニッシュのバランスが崩れることになります。
 左手リードとは左肩を支点にしてクラブを振ることです。フリスビー投げをイメージすると、左肩支点の感覚が理解しやすいでしょう。左肩を過度に開かず、左ヒジを下に向けた状態で左腕をローテーションさせながら振り抜けば、左手リードのスイングが完成です。
 なお、フィニッシュは左手のリードでクラブを振った結果です。体重のほとんどが左足に乗り、右足が完全にツマ先立ちます。そして、胸や右ヒザ、右足の甲が目標方向を指すようなフォームがつくられれば万全です。

左手でフリスビーを丁寧に投げる感覚でフォロースルーをとる


インパクトからフォロースルーにかけては、左肩を止めて左腕をスムーズに振ることを意識しよう

左足だけでもバランス良く立てる体勢がフィニッシュの理想形


左肩が早く開くと体勢が崩れてしまう。フィニッシュは右足体重になりやすい



左肩を支点にしてクラブを振り抜けば、クラブヘッドの遠心力が働き、フィニッシュに向かって肩が自然にターンする

Weekly Pargolf 2013年8月6日号掲載

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ