ベストコースランキング2017 ~Part1 総合部門~

2位 プレステージカントリークラブ(栃木県) 25ポイント

東と西、合計36ホールを擁する栃木を代表する名コース
東と西、合計36ホールを擁する栃木を代表する名コース 【拡大】
グランPGM効果!?
プレステージCCが2位に輝く

(本文)
 どうしても現役トーナメント開催コースや超名門コースが上位に来ることが多い読者投票だが、総合2位にPGMが運営するプレステージカントリークラブ(栃木県)が入った。1991年にはジャンボ尾崎が最終日に「61」のビッグスコアを記録し、2位に6打差をつけて勝利した日本プロを開催するなど、以前から戦略性の高いレイアウトは評価が高かった。今回、総合ランキングで上位に来た理由は「接客」。理由として考えられるのは、今年からPGMが展開するコースの中から特にハイグレードな8コースを「グランPGM」としてブランディングして、より上質なサービスを提供してきたことが功を奏したのかもしれない。

 今回の結果に対して、「当倶楽部では、今年の7月5日より、PGMが新しく立ち上げたブランド『GRAND PGM』のコンセプトである『日本のゴルフをもっと豊かに、もっと上質に』をスタッフ一人ひとりが理解し、取り組んできたことがお客様にご評価いただけたということを大変嬉しく思っております。今回の結果を励みに、さらに高みを目指し、ご来場いただけるお客様に、より豊かなゴルフライフをお過ごしいただけるよう、これからも頑張っていきたいと思っております」(プレステージCC支配人・三村道久さん)

3位タイ 千葉夷隅ゴルフクラブ、東急セブンハンドレッドクラブ(ともに千葉県) 23ポイント

毎年多くのギャラリーが訪れる富士通レディースの会場(撮影・上山敬太)
毎年多くのギャラリーが訪れる富士通レディースの会場(撮影・上山敬太) 【拡大】
3位タイには「接客」の王者と
現役トーナメント開催コース

 3位タイには千葉県の2コースがランクインした。一つは東急セブンハンドレッドクラブ、言わずと知れた「富士通レディース」開催コース。法人会員のみの高級接待コースとして有名だが、一度ラウンドするとそのホスピタリティの高さから印象に残ったようだ。読者からも「こちらが恐縮するほどのホスピタリティ!」、「メンバー及びビジターを問わず丁寧な対応をしてくれた」など、高い接客レベルに対するコメントが多数を占めた。
接客はもちろんだが、メンテナンスでも評価の高い千葉夷隅GC
接客はもちろんだが、メンテナンスでも評価の高い千葉夷隅GC 【拡大】
 同票3位には同じく千葉県の千葉夷隅ゴルフクラブが入った。こちらはパーゴルフ本誌でも接客部門の王者として長らく君臨。「受付からキャディ、レストランまですべてが最高レベル」、「いついっても、コース到着時の応対やバッグの受け渡しなど丁寧でした」と安定した接客が主に評価された。

「総合が3位、接客は1位という評価結果をネットの広い世界でいただけたことは、ただ素直に嬉しいです。社員一丸となって、お客様が満足するサービスを提供しておりますが、あらためて外部評価にて高評価を得ることは社員の励み、モチベーションに繋がります。本当に嬉しいです。ありがとうございます」(千葉夷隅GC事務長・和田隆之さん)

ゴルフ場最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ