勝みなみや新垣比菜、原英莉花ら、女子プロ“黄金世代”9人のクラブセッティングに注目

原英莉花のお気に入りは9番アイアン
原英莉花のお気に入りは9番アイアン 【拡大】
女子ツアーで注目されている”黄金世代”。1998年4月~99年3月に生まれた女子プロたちで、アマチュアのころからツアーで活躍する選手が多い。そんな彼女たちのクラブセッティングを覗いてみた。

今回、調査したのは2014 年にアマながら女子ツアーで史上最年少優勝(15歳293日)の快挙を達成した勝みなみ、今季のサイバーエージェントレディでツアー初優勝を飾った新垣比菜、ステップ・アップ・ツアー2戦2勝の原英莉花ら、全部で9人。

ボールを含めた14本の使用クラブのほか、ロフトや長さ、シャフトなど詳細に調査。それぞれにお気に入りの1本を挙げてもらったところ、けっこう意外なモデルも。

そんな彼女たちのクラブセッティングをクラブデザイナーの宮城裕治が解説。アマチュアに参考になるポイントが満載の特集は、6月19日発売(一部地域を除く)の「週刊パーゴルフ」に掲載される。黄金世代の女子プロたちのセッティングは絶対ためになる。

ゴルフ用品最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ