新元号が昭和だった約100年前、皇室はゴルフブームだった

東京ゴルフ俱楽部 駒沢コースでプレーされる摂政時代の昭和天皇(写真提供・東京ゴルフ俱楽部)
東京ゴルフ俱楽部 駒沢コースでプレーされる摂政時代の昭和天皇(写真提供・東京ゴルフ俱楽部) 【拡大】
新元号が「令和」と発表になり、今月末をもって「平成」の時代が終わる。現在の天皇陛下はゴルフを嗜まれることはなかったが、実は大正から昭和初期の頃には、皇室の方々にゴルフが流行っていたことはあまり知られていない。

昭和天皇と、そのご兄弟であられる秩父宮、高松宮両殿下は、大正時代からゴルフを始められ、皇居を初め、迎賓館赤坂離宮、新宿御苑などに数ホールずつを造られてプレーするほどだった。特に熱心だったのは昭和天皇で、皇太子時代に大正天皇の摂政として公務に当たられていた折、来日されていた英国皇太子・プリンス・オブ・ウェールズ殿下と東京ゴルフ倶楽部(当時は東京・駒沢にコースがあった)でマッチプレーをし、親睦を図られたこともある。ちなみに、その時に日英両殿下より東京GCが杯を賜っていて、現在も「摂政杯」、「プリンス・オブ・ウェールズ杯」というクラブ競技が毎年行われている。
箱根の冨士屋ホテルの向かいにある「菊華荘」。100年程前、ここで昭和天皇はゴルフの練習をされていた
箱根の冨士屋ホテルの向かいにある「菊華荘」。100年程前、ここで昭和天皇はゴルフの練習をされていた 【拡大】
昭和天皇のゴルフに関する逸話はそれだけでない。102年前の1917年に開場した日本最古のパブリックコース、富士屋ホテル仙石ゴルフコース(神奈川県箱根町)には開場当初から足しげく通われたという記録が、侍従の日誌にも書かれている。

その時、宿泊されていたのが富士屋ホテルの真向かいにあった箱根の御用邸。戦後すぐに富士屋ホテルに払い下げられ、現在は「菊華荘」として食事や日帰り入浴のできる施設になっているが、その見事な庭に摂政時代は鳥カゴを作り、仙石GCに行けない日などにボールを打たれていたようだ。さらに冨士屋ホテルによれば「ホテル内にも殿下のご要望で大きめの鳥カゴが作られていたという話も残されています」という。

「令和」の時代が始まる5月1日は10連休中。箱根に行かれるようなら、仙石GCや菊華荘で往時のことに思いを巡らせてみてはいかが?

その他最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス

アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ