2019年の新しいローカルルールで 「前進4打」の特設ティがなくなる!?

特設ティからの「前4」に抵抗感があっても、公に認められたローカルルールならば受け入れやすい?(写真はイメージ)
特設ティからの「前4」に抵抗感があっても、公に認められたローカルルールならば受け入れやすい?(写真はイメージ) 【拡大】
 2019年1月1日から施行されるルールの大改定では、バンカー内にボールがあっても2罰打を払えばバンカー外にドロップできるなど、画期的なルールも設けられている。5メートルもの深いバンカーなどでは、積極的に利用したほうが賢いゴルファーといえるかもしれない。
これは、プロもアマも適用されるジェネラルルールで定められているが、ルールにはもう一つ、ゴルフ場や競技委員会が別途定める、そのコースや競技会に限ってのローカルルールというものも認められている。2019年の改定では、そちらにもアベレージゴルファーに関係する大きなルールが加わった。正式な競技会などでは認められないものの、技量が高くない仲間とのラウンドなどを対象として進行を早める目的で、「前進4打」的なローカルルールが認められるようになったのだ。
 池ポチャした場合など、そこをボールが最後に横切った地点を基点として、クラブレングス以内の近くにドロップしたことがあるだろう。新ローカルルールではOBラインを最後に横切った地点を基点にドロップエリアを定め(注・その基点からクラブレングス以内ではない点は異なる)、2罰打でプレー続行できるというのだ。ティショットがOBになった場合、そのローカルルールに基づいて処置すれば次打は4打目。実質的に「前進4打」のようなことになる。
実は現行のルールでは「前進4打の特設ティ」はルール上、認められておらず、2019年になってもそれは変わらない。ただ、来年からはこのローカルルールが認められるので、アベレージゴルファーはそれに従って「前進4打」の処置が取れることになる。
そこで、ふと思うのが、「今ある前進4打の特設ティはなくなるのだろうか?」ということだ。今の特設ティをローカルルールで設定しているのはゴルフ場である。そこで、大手ゴルフ場運営会社に聞いてみた。
「前進4打のティ(特設ティ)の設置目的は、アベレージゴルファーやビギナーの人がスコアが悪かったり、進行が遅れて後ろの組から怒られたりなどの不快な思いをすることによるゴルフ離れを防ぎ、すべての方がプレーを楽しめる環境を提供するためにあります。したがって、特設ティは来年も継続して設置します。ただし、特設ティの使用は強制するものではなく、プレーヤーに委ねていますし、新ローカルルールも選択肢が増えるので弊社でも積極的に取り入れていく予定です」(アコーディア・ゴルフ)
「特設ティの設置があるコースは、当面は現状どおり設置いたします。ルール改正後、ゴルフ場で検討のうえ、特設ティが必要ないと判断した場合はローカルルールの変更を含め、前特設ティを取り外す可能性もあります」(PGM)
 と、いずれも現状では特設ティは存続の方向だという。また、特設ティよりも手前でOBラインを越えてしまった場合、新ローカルルールでは特設ティよりも手前から4打目となるため、プレーヤーにとって従来よりも不利になってしまうことも、特設ティの撤廃に二の足を踏む要因となっているようだ。
 ともあれ、ルール改定では多少なりの混乱も生じ、慣れるまでにも時間が必要だ。裏を返せば、徐々に特設ティが撤去されて新ローカルルールによるプレーが認知されてくれば、いずれは特設ティがなくなる可能性もある。

その他最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス

アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ