読ゴ隊が打つ!

パーゴルフ(PAR GOLF)

読者ゴルファー、略して「読ゴ」!出没スポットは弊誌主催の試打会。メンバーはその都度異なるのが常。そんな烏合の衆、もとい精鋭たちの道しるべとなるのは、QPさんこと、PGA公認ティーチングプロ&クラブフィッターの関雅史。ベストフィットクラブを探す旅(!?)が今、幕を開ける......!!

【読ゴ隊とは!?】『読モ』とは読者モデルのこと。そして今回、読者ゴルファー、略して「読ゴ」を試打会ごとに結成。活動目的はもちろん自分にとってのベストなクラブを見つけるため!年齢、職業、学歴などは一切関係なし。心よりゴルフを愛し、抽選に当選した者だけが晴れてメンバーとなれる

【Titleist VG3】『飛ぶ』『やさしい』『打感良し』の三拍子が揃う“使える”タイトリスト。アベレージ層に爽快なクラブ!

万人向けに作り込まれた飛ばすためのクラブ

シリーズ最高の飛距離性能を謳い今春にデビューした〈VG3〉シリーズ。精悍なルックスのドライバー、オーソドックスな形状のアイアンは両者ともその見た目とは裏腹に基本性能は非常にやさしく、かつ飛ばすための要素が満載!〈VG3ドライバー〉はアクティブ リコイル チャンネル TMという、初速と許容性をアップさせる溝を採用。たわんで飛ばすというテクノロジーはそのままに、最適な重心のヘッドと心地よい振り心地のシャフトを装備して軽さとつかまりやすさを担保したやさしいクラブへと生まれ変わった。〈VG3アイアン〉は軟鉄鍛造ならではの打感の良さと飛距離増を両立し、やさしさと飛び性能を凝縮!

(タイトリストVG3ドライバー)●価格/8万8000円+税
(タイトリストVG3アイアン)●価格/6本セット13万2000円+税~14万4000円+税(シャフトにより異なる)
●電話/0120-935-325 ●http://www.titleist.co.jp/

VG3ドライバーは915シリーズのテクノロジーを継承しつつ、誰でも楽にボールをつかまえて、上げて飛ばせるドライバーに進化。シャフト次 第でさまざまなゴルファーに対応可能となっているので、万人向けのドライバーといえるでしょう。

VG3アイアンは普通のキャビティではなく、アンダーカットという下の方までしっかりとえぐれが入っており、キャビティ効果がさらに増しています。このアイアンの特筆すべきところは、薄く薄くと作っていくので、どうしても打感が悪くなるのですが、そこはさすがタイトリスト。打感の作り込みもしっかりしていて、柔らかい打感もそのまま踏襲されています。

【YAMAHA inpres UD+2】飛びの限界を超えた『プラス2番手』テクノロジーの真の実力に迫る!

飛距離を求めるアベレージプレーヤーに!

「ぶっ飛び系アイアン」の火付け役となった〈インプレスRMXUD+2アイアン〉が今秋、呼称も新たに〈インプレスUD+2〉シリーズとしてリリースされる。従来のアイアンに加えて今回はドライバー、FW、UTをラインナップ。全てのモデルに、最大のウリであるプラス2番手テクノロジーが搭載され、文字通りの“ぶっ飛びシリーズ”として市場に新たな風を起こす。 プラス2番手テクノロジーとはルール限界に迫った反発性能、超低重心・超深重心を実現したスー パー重心設計と、その重心設計だからこそ可能となった高初速ロフト設計の3つのテクノロジーのこと。高初速・高打出し・低スピンと抜群のつかまりを実現し、飛距離効率をアップさせた渾身のぶっ飛び系クラブだ。

(インプレスUD+2ドライバー)●価格/8万円+税
(インプレスUD+2アイアン)●価格/4本セット(#7~PW)9万6000円+税 オプション(#5、#6、AW、AS、SW)各2万4000円+税
●電話/0120-808-562 ●http://golf.yamaha.com/

ドライバーはプラス2番手テクノロジーにより、高初速・高打ち出し・低スピンを実現していることに加え、クラブを水平に持つと、フェースが上の方に向くほどの大重心角でボールをしっかりつかまえます。これらの相乗効果で球を大きく飛ばすことを達成しているドライバーで、球をつかまえて飛ばしたいスライサーに向いていると言えます。

アイアンは飛び系ということで、ロフトは立ってはいますが、番手なりの高さとやさしさは残し、その高さとロフトでしっかり飛ばしていける仕様になっています。飛距離を求める一般のアベレージプレーヤーにおすすめです

【Taylormade M2】アスリートからアベレージまで幅広いゴルファーをカバー。『飛び』と『やさしさ』の〈M2〉シリーズ

飛距離と寛容性を両立させたM2シリーズ

テーラーメイドのフラッグシップモデルであるMファミリーの次男〈M2〉シリーズは、 長男の〈M1〉シリーズの飛距離性能に“やさしさ”をプラス。今春の発表から大きな反響を呼び、今ではアベレージゴルファーからアスリートまでカバーする“飛び系クラブ”として高い支持を得ているのは周知のところだ。〈M2ドライバー〉はスライド式ウエートで弾道調整が特徴の長男〈M1〉に対し、オートマチックで高い寛容性が特徴。幅広いゴルファーが飛距離を出せる理由は、球が上がりやすくつかまりやすいのことが一因。〈M2アイアン〉は薄肉フェース&低重心化により高弾道の飛びと安定を体感できる。

(M2ドライバー)●価格/6万3000円+税
(M2アイアン)●価格/6本セット9万6000円+税~10万8000円+税(シャフトにより異なる)
●電話/0120-558-562 ●http://taylormadegolf.jp

M2ドライバーは対になっているM1ドライバーより、やや重心を下げてボールを上がりやすく、よりつかまりやすく設計されています。M1と同じくソール前部にスピードポケットがついており、たわんでボール初速を出すという基本性能は変わりません。アスリートだけではなくセミアスリートぐらい、ヘッドスピード40m/s以上であれば、誰でも試せる万能なドライバーといえます

M2アイアンはできるだけ無駄を削いで、下へ下へと重心をもっていき、球を高く突き上げる設計となっています。さらにポケットキャビティになっているため、ミスヒットにも非常に強く、どんなゴルファーでも満足できる飛ばせるアイアンです。

【ROMARO Ray V】硬派なルックスとぶっ飛びスペックがアスリートゴルファーや上級者を魅了

球をしっかりたたいて上げるプレーヤーに!

プロや多くのトップアマたちが使用し、ロングセラーモデルとなっていた〈レイ〉シリーズが〈レイV〉シリーズとなって新たに登場。〈レイVドライバー〉のヘッドはチタンカップフェース+ボディをベースとして、クラウン部に薄肉の鍛造チタンを配した3ピース構造。余剰重量をソール周辺に散らして低重心化し、スイートエリアも広くなり高初速の力強い弾道が打てるという設計だ。FWも〈レイVフェアウェーウッド〉として進化。鍛造カップェースにより高反発エリアの拡大とミスヒットへの許容性を獲得。伝統のチタン×ステンレスの2ピース構造も継承し、飛び系FWのひとつの完成形を目指したモデルだ。

(レイVドライバー)●価格/10万円+税
(レイVフェアウエーウッド)●価格/6万3000円+税
(レイV フェアウエーウッド ツアーセレクト)●価格/6万6000円+税
●電話/042-556-5008 ●http://www.romaro-sports.com/

〈レイVドライバー〉はデュアル・フォース・ポケットというスリットが入っていて、たわみで飛ばすという特徴があります。非常に小ぶりでギュッとしまったシェイプ、操作性も良くてボール初速もしっかり出るドライバーです。どちらかといえばしっかりたたける、そういったプレーヤーに使ってほしいドライバーです。

〈レイVフェアウエーウッド〉はドライバーの基本性能そのままに、カップフェースをチタンで作っています。前部は比重の軽いチタン、後部は比重の重いステンレスを使い、球をより上げやすく作っています。こちらもやはりたたける、自分である程度、球を高く上げられるアスリートゴルファーに向いているFWです。

上戸浩大さん・長谷川佳久さん・上岡義英さん・宮林政好さん・斉藤隆さん・松本信受さん・高島郁也さん・戸室博光さん

ページの先頭に戻る